[東京 13日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>が13日発表した2020年4―9月期連結純利益は、前年同期比37.5%減の2701億円だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う与信関係費用の増加が響いた。年度目標4000億円に対する進捗率は68%となっている。

会見した太田純社長は、上期業績について「全く満足していない」と発言。マーケティング3部門(ホールセール、リテール、グローバルビジネス)は、回復傾向にあるもののコロナ以前の水準には戻っていないという。

下期に関しては、先行き不透明な状況が続くことから「自信をもって上方修正するところまではいっていない」(太田社長)と慎重な姿勢を示した。与信関係費用の影響は、下期あるいは来年度までずれ込む可能性もあると述べた。

連結粗利益は、前年同期から58億円減の1兆3774億円。本業のもうけを示す連結業務純益は同34億円減の5512億円だった。

与信関係費用は、1358億円増の2002億円となった。年度見通しは4500億円。

*内容を追加して再送します。

(新田裕貴)