新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京は曜日別に発表数の出方に癖があるので、前の週の金曜日と比べてみると242人→374人と1.5倍以上に増えている。

金曜だけグラフにすると約2ヶ月に渡ってほぼ横ばいだったので、かなり急な変化。
家庭内感染が最多の71人です。家族で暮らす割合が多い40、50代の感染が増えていることが、家庭内感染の増加につながっているということです。
400人台にはならず、東京はなんとか踏みとどまっています。ここでピークアウトしてくれればいいのですが。都内感染者を発生地別にみると、夏の第2波は、圧倒的に新宿区でしたが、今回はほぼ満遍なく広がっています。昨日の発表では、新宿区よりも世田谷区、大田区、練馬区、足立区の方が多く、いわゆる「夜の街」は1人だけでした。完全に市中感染のフェイズに入っています。ここで踏ん張り、400の大台の前で引き返したいところです。しかし、65歳以上も45人以上と多く、40歳代以上が全体の半分を占めるようになりました。データが示す方向はバッドニュースばかりです。政府は早めに手を打つべきでしょう。
感染者数だけを報じる記事には、いつもながら違和感を覚えます。

まず、検査件数が多ければ感染者数も増加します。
土日が休みだから月曜日は感染者数が少ないというバカバカしい現象が起きています。

陽性率という数値で報じた方がはるかに正確です。

次に、重傷者数や死者数が「一日単位」ではなく「累計」で報じられていることが多いという点です。

どうして同じ尺度を使わないのか、本当に不思議です。
チキンレースの様相になってきましたね。経済を止めないで医療崩壊寸前で切り抜けられるのか、そのカギはワクチンです。重症化して死ぬ危険がある人たちにワクチンを打てるのが先か、重症者や死亡者が急激に拡大するのが先か。ただし若い人で無症状や軽症ですむ人はいくら増えてもインフルエンザと同じですから恐れる必要はないです。
東京都福祉保健局の発表を見ていると、陽性率は3%から30%くらいの間で乱高下しています。
これをそのまま報道すると、パニックが起きそうな感じです。
昨日は393人と400人に迫る勢いでしたが、本日東京で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は374人となりました。
東京以外でも北海道や大阪など感染者が増えており、気になるところ。
冬はこれから。気をつけましょう。