新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
絶対そうなると思います。なお、ヤフー(株)は、10月1日付けでオンラインに引越しをし、"オンライン前提企業"に変貌を遂げましたことを改めてお伝え致します。採用活動もオンラインから行っておりますので!
〉彼らの無能さのツケを自分たちが支払っている

現場から解離した幹部がトップダウンで指示する組織ほど怖いものはないです。
彼らは自ら見に行くこともせず、聞く耳すら持たず、前例がないにも関わらず前例にこだわります。
彼らは決断しているのではなく、過去の積み重ねから判断しているだけです。

テレワークの拒否はきっかけに過ぎません。その一事から、組織の意思決定過程に問題があることがうかがい知れます。
へえ。緊急事態宣言あけの5月26日から在宅勤務をやめ、通常出社に戻した伊藤忠商事の上半期の成績をご覧ください。

総合商社 上半期決算・純利益累計

1位 伊藤忠商事 2,525億円
2位 三井物産 1,100億円
3位 丸紅 1,016億円
4位 三菱商事 866億円
5位 住友商事△602億円

伊藤忠の一人勝ち。商いとはそういうものです。
実際に幹部たちが「出社」にこだわるのは、彼らの稚拙なマネジメントのツケを、社員が払っているだけだ。
日本の同調圧力の良い(悪い)事例…未だに、こんな議論があるのは、本当に残念です。

完全に個人の価値観に依存する話なので、見放す人は、それでよいし、そうでない人も、それで良いというだけです。

この記事のように「会社を見放す」という人は、実は、会社からは「その人を見放す」対象かもしれません…

「テレワークに消極的か否か」で会社と自分のエンゲージメントを考える人が、それほど多いとは思いませんが、そういった価値観だと、他にもいろいろあった時に、都度、同じことを考えるのではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「御社は週何日くらい在宅勤務ですか?」が挨拶代わりになってますね。

テレワークの方が生産性が上がる人も多いと思うので、業務内容や家庭事情などに応じて柔軟に利用したいものです。
逆に言うと働く側としても何故そこまでテレワークにこだわるのか?をちゃんと言語化できていた方が良いですね。

もちろん通勤時間が無くなってどこでも働けるという自由度が増すようなメリットはありますが、一方で気軽なコミュニケーションが取りにくくなるなどのデメリットもあるはずです。

それらを総合して自分だったらこうゆう理由でリモートワークの方がパフォーマンスを発揮できる、だから出社を強制するような会社とは合わない、みたいな言語化ができていた方が建設的だなと思いました。
現状においてテレワークに消極的な会社は、時代の変化に対応できておらず、ITリテラシーが低いと思われます。

また、そんな会社の役員クラスがテレワークに消極的なのは、目の前に即指示が出せる担当者がいないから。その指示も突発的な思いつきで、重要度の低いものが多い、、

自律して主体的に仕事をしたい人材は、それらを避けて仕事が進められるテレワーク環境で効率よく、重要度の高い仕事ができていたが、出社に切り替わったことにより、その会社に見切りをつけた。

そんな流れではないでしょうか。
そりゃそうでしょうね。

重要な選択肢だと思います。

たとえば在宅勤務になったので猫を飼いはじめた人がいますが、在宅不可の仕事にはつきたくないといっていました。
リモートワークの可否等、働き方の多様な手段を用意できるかは、企業の採用力に直結していきますね。エンジニアの採用では以前からそうでしたが、それが他の職種にも広がるということかと思います。