新着Pick
146Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
予定を組んだ後に俯瞰して全体を見ることは大事ですよね。時間は自身の体感で測ると長く感じたり、短く感じたり、その時の心境によって異なる。念密なスケジュールを計画しても、他者からの問合せなどが入り、思い通りにならないこともある…。限られた時間を最大限に活用することは予定を詰め込み、多くのタスクを熟せば良いという訳ではない。何が起こるか分からないことを想定して時間的にも、気持ち的にもバァファーを持っていたい。自身のスケジュールに"敢えてのバァファー"を組み込んでおくと、修正可能な時間として有用できる。予定の内容次第だが、高い集中力が求められる作業がある場合は、詰め込み過ぎのタイトスケジュールは注意したい。ミスや事故にも繋がる可能性も高く、リカバリーのために大事な時間を奪われないためにも、Contingencyの意識は常に持っていたい。
コロナで定期的な旅行や大人数の飲み会がなくなって以来、「特に予定のない週末」って最高だなという思いを強くする日々です。
「移動」「待ち」「予備」なども、全てGoogle Calendarに記入しています。

その状態で空いている時間帯から、前後15分程度引いた時間だけが有効に活用できます。

集中したい場合には、前後30分を引きます。つまり1時間の空き時間では集中できる時間はないということです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
時間軸に収めることも大事ですが、調整する時間も必要。

私の場合は、1週間単位でスケジュールを立てて、何もスケジュールを入れない調整日を1日、もしくは半日を2回など設けてます。
仕事にも活用できそう。