新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IPコラボは鉄板ですが、これだけ多くコラボを目にしたIPはかつてないと思います。企業側の広告文脈からするとIPコラボの良いところは効果測定がしやすいところだと考えています。

通常プロモーションだと直接効果がわかりづらいですが(実店舗への来店や購入にどれだけ寄与したかがわかりづらい)、IPコラボは直接コラボ商品の購入につながり、それがそのまま効果測定になるので大きなIPとはコラボすることは企業側として取り組みやすいプロモーションなのだと思います。
コラボ企画は今までとは違った客層を集客してその後のリピートに!と見込んで進める事多いですが、そもそもニーズの入り口が違うので瞬間最大風速に。鬼滅の刃は特にその勢いが抜群ですね。
鬼滅の刃の勢いは、止まること知らずですごい人気ですね。
コンビニでは、コーヒー、お菓子、カップラーメンなどの鬼滅の刃コラボ商品で入り口近くの1つの棚が埋め尽くされているのを目にします。

原作が掲載されていた少年ジャンプのターゲット層である少年~成人男性だけでなく小さな子どもからの人気が高く、子供から影響を受けての家族で楽しめる作品であることが「鬼滅」コラボ商品が大ヒットしている理由の1つであると思います。

なんとなくコラボ商品があると、これを買ったら子供達喜ぶだろうなあと思ってついつい買ってしまいますね…
一時的かもしれませんが、コロナ禍で厳しい各業界にとってはまさに救世主となりましたね。
スーパー銭湯の「極楽湯」も「鬼滅」コラボをやっていました。

私の勝手な推測ですが、慈雨はなかったと思います。

スーパー銭湯の利用者の多くは年配者ですから・・・。
007年の「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』で約1500億円。12年の劇場版「ワンピース」12作目『ONE PIECE FILM Z』が、同年度だけで約1000億円といわれている。

「鬼滅の刃」の勢いから見て、経済効果はこれら2作以上に達し、まだこれからもその効果は拡大していくと思われるため正確な数字は計り知れないが、最低でも2000億円以上の富をもたらす可能性が高いといえる。
キメツノミクス。

見出しは水の呼吸伍の型「干天の慈雨」からですね
株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
4,885 億円

業績

株式会社くらコーポレーション(英語: KURA Corporation)は、大阪府堺市中区に本社を置く外食産業企業。 ウィキペディア
時価総額
1,296 億円

業績