新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2020年も携帯電話3社で年間3.4兆円の営業利益予想。
そもそも競争していないね。
海外ベンダー装置を導入し、サービス価格をあまり落としてないので、営業益が高まりますね。

ドコモには、国産5G通信ベンダーの育成を義務付ければいい。その方がよっぽど経済がまわるのでは。

参考
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65838000U0A101C2MM8000/
これまでさんざん競争を回避して利益を上げてきたし、。企業規模としても十分に多方面で競争できる規模を持っているのに、ポジショントーク的にこんなものを(しかもダメ元で)出してくるところが、経営の理念のなさを示している。もともと第2電電を名乗っていたKDDIは仕方ないにしろ、もはや世界でビジネス展開しているソフトバンクがこんなローカルで小さな市場の「独占」を心配するなんて愚の骨頂。世界的経営者の孫さんの名をおとしめるような行為だな。
NTT以外の通信会社としては当然の意見です。NTTも総務省も織り込み済み。ドコモ子会社後の競争環境に関する論点として扱われるということでしょう。逆に各社には、それならもっと競争しろというブーメランともなり得ます。
ぼくはむしろ20年前の再編以降、NTTは大人しかったと見ます。世界のIT環境が一変した現在、グループ一体化は当然のベクトルで、次はNTT完全民営化・NTT法廃止に向かうでしょう。NTTの一層の自由化要求と、それに対する反発、が次のラウンドだと思います。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.50 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
21.7 兆円

業績

日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
10.8 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者(MNO)。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績