新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大統領選挙などで争点とならないよう配慮され、承認はこの時期となりました。すでにEUやカナダの当局も足並みを揃えて解除に向けて動いていますので、来週には停止措置そのものは解除され、合わせてパイロットに対して必要な追加訓練の内容が示されて、各航空会社でそれを実施してから順次路線に投入という流れになるものとみられます。
すでにFAAは審査フライトを長官自らが操縦するといったパフォーマンスを見せているところではありますが、今後も各航空会社で737MAXの安全をアピールする飛行が行われて不安感の払拭に努めることになるでしょう。
あとは中国がどう出るかがポイントです。アメリカで行われている試験飛行に中国当局の人間が同席したという情報はありませんので、中国で独自に試験飛行をやるつもりなのかもしれません。航空機の耐空性審査は、製造国できちんとみているならそれをもってうちの国でもよしとするよ、ということも多いのですが、この件については中国ははじめに問題点を指摘した国のひとつですので、FAAの審査をそのまま流用することはないのではないかと考えられます。
大統領選を避けましたね。
中国の対応がどうかですが、米国新政権、中国、台湾、ボーイングが鍵かと。
FAAは早ければ今月18日にも運航停止命令を解除する見通しとのこと。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア