新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「。」タイトルが句点からはじまる戦略を発表。これまでの成長路線に一旦終止符を打つ、という狙いだそうです。

過去の路線の延長ではなく、という意識は「。」によって高まるでしょう。面白い発想ではあります。
市場の支援を得られたからと言って、労働者や一般庶民の支持を得られるとは限らないと思います。
「。」を頭にして、大きな区切りをつけた「成長戦略」を語るわけですが「成長」ってなんでしょうか?

結果、経済規模の伸長を「成長」というなら、今までと本質は、変わらないのではないでしょうか。

経済規模が、国民を幸せにするだろうか。本質的に経済成長がもたらしてきた問題を解決するのであれば、「成長」を目標としない、国家のあり方や、経済、ひいては経営を考えてみては、どうだろうか。

地球規模での倫理や、人間の幸せ、命の大切さなど、もっと根本から「。」が、打てるのではないでしょうか。
あまり批判はしたくないものの、最近の経団連から、実効性のある提言力が出せるか、疑問符がつくのは否めないです。

現状のVUCAの社会に適した本質的な策は、多様性ある組織でないと決して出せないと思います。

そこの視点に立つと、この隔世の感がある今、極めて同一性の高い経団連の委員から、切れ味鋭い提言が出てくる期待が正直持てません。
経団連が新たな成長戦略を発表。
主な内容は下記の通り。(NHKから抜粋)
・企業の役員に占める女性の割合を30%以上に
・DXで、暮らしやすい社会を掲げ、デジタル分野に集中投資することで、医療や教育などの分野で新しい産業を生み出す
・再生可能エネルギーの導入を拡大する一方、原発も推進し、2030年までに安全性に優れた新型炉の建設に着手すべき
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201109/k10012702691000.html
頑張って変わろうとする人たちを応援することでしか終止符を打ったリスタートはできないと思うので、私はこれ好きです。
今までの成長戦略に終止符を打つ。キャッチーな表現が好きな人は多い。

行き過ぎた株主至上主義が云々・・・ 企業の多くは5,6年前から社会価値を追求する姿勢にだいぶ変わってきた。SDG'Sのメッセージに背中を押され、近年更に加速してきたとひしひしと感じる。行き過ぎた株主至上主義のくだりはかなり過去の流れではないか?

多くの企業が腹落ちしないのではないだろうか?
何にせよ「。新しい投資」が伴えば、いいと思います