新着Pick
65Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前職はユーザベースさんの主力製品SPEDAのかなり早い時期のユーザーでした。
当時はユーザベースはまだ創業間もない小さな会社で、梅田さんが自らセールスに来ていました。
第一印象は「普通の兄ちゃん」でしたが、しかし何か熱い信念を持っている人だなあと感じた覚えがあります。

NPは同じ職場の女性が創業メンバーとして転職していったこともあり、開始直後くらいからアカウントは持っていましたが(ただしROM専)、その後プロピッカーになった時も梅田さんからお誘いをいただきました。
その後私は前職からスピンアウトして現在の会社を作りましたが、その設立式典の講演を梅田さんにお願いしました。
当時アメリカに駐在されていたわけですが、快く引き受けていただき、当時わざわざアメリカから帰国して駆けつけてくれました。

私もかつては出張族でほとんど東京にいることはなかったので、それほどお会いする機会が多かったわけではありませんが、思えば意外に長いお付き合いになっていたのだなと思います。

だからこそ経営者の宿命とは言え、今回梅田さんがご退任さることに、個人的には深い喪失感を感じています。
これが一つの時代が終わったという感覚なのでしょうね。
こんばんは.

ある高校生と話している時に,今進めている研究課題の見つけ方を聞いてとても驚きました.
「Google Scholar で物理に関する論文を物理の用語で検索しまくり,これまでまだどの論文にもヒットしないワードで課題を作ろうと思っています」

なかなかそれを許してくれる環境がない中で,そこまで突き詰めようとする高校生が素敵すぎると感じました.

その一方で,そのような学びと出会えない高校生たちに,楽しくて没頭できることを見つけられる環境づくりこそしていきたいと,高校生の話を聞きながら感じていました.

皆さん本日も素敵な1日をお過ごし下さいね!
おはようございます。

今朝起きたらダウが急騰していて驚きました。
バイデン当確で株価がこれほど騰がるとは想定していませんでした。コロナ後の株価といい、今回の大統領選といい、今年の相場予想を外しまくっています(笑)

「人の行く、裏に道あり花の山」
ファイザーのRNA“ワクチン”ですが、その機序は以下の通りになります。
① RNAを投与する。
② RNAが我々の細胞の中に入る。
③ 我々の体細胞が、そのRNAによって目的の蛋白(コロナのスパイク)を作る。
④ それが抗体産生につながる。

通常であれば①や②の段階でRNAは分解されます。それが分解されずに③の“目的の蛋白”を我々の体細胞に作らせる技術が軌道に乗った事を今回のニュースは意味しています。そして、③の“目的の蛋白”は他の蛋白に代えてもいいのです。可能性がひろがります。“a great day for science”というファイザーのCEOの言葉もある意味うなずけます。

“目的の蛋白”についてはどのような治療が研究されているかは以下の文献の5項に列記されています。
http://nats.kenkyuukai.jp/images/sys/information/20190717095649-6ABC2FA50410294C82EBEF7D74463510333BCF1FB717B3F864612BCB0CA9F6B2.pdf

ここまでであれば何と心躍る話である事か。

しかし、問題は費用でしょう。安いはずがありません。今でも高すぎる薬剤の出現で医療現場は十分に苦悩しているのに、さらに…となってしまうのか。ワクチンも安いはずがなく、その費用を誰が負担するのか?という問題がでるだろうと思います。結局はそのツケを負わされるであろう現役世代がどこまで耐えられのか?という事かと。
Kershawさん
新車ご購入おめでとうございます。
個人的にはGRプリウスPHV辺りを期待していたのですが。

あと1ヶ月、ゴルフRを堪能してくださいね。
過去のコメント貼っておきます。あ、でも新型コロナに対する感染対策はばっちりしないとダメだよ。単なる風邪ではないから。

2020年02月29日
https://newspicks.com/news/4617403?ref=user_527032

「飢饉と疫病と戦争はおそらく、この先何十年も厖大な数の犠牲者を出し続けることだろう。とはいえ、それらはもはや、無力な人類の理解と制御の及ばない不可避の悲劇ではない。すでに、対処可能な課題になった。」

サピエンス全史

個人個人は十分気をつける必要はあるけど、全体論としては医療体制に信頼はおけると考えています。少なくともマーケットを見るときの基本線はこれであるべき。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン