新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あらためてファーストレディの役割って何なんだろう?というか何故夫の仕事に同行するんだっけ?と思ってちょっと調べてみたんですけど、

「私的には夫である大統領や首相の日常の暮らしを支えるかたわら、公的には首脳の非政治的行事 (文化事業の視察、運動競技の参観、来賓の歓迎行事や晩餐会など) に参加したり、首脳の外国訪問に同伴したりする。首脳が外国訪問に妻を伴うのは、かつて王侯が遠方へ出かける際には必ず妃を伴った習慣の名残である」

…ですよね。名残ですよね。同伴しないといけない理由がいまいち分からないですもんね。

ドイツのメルケル首相の夫は量子化学の教授で、あまり公的行事に参加したり、選挙活動で露出する事は無かったと思いますし、元投資銀行員のイギリス・メイ前首相の夫も、基本的には首相配偶者としてインタビュー等に応じない方針だったそうです。

ファーストジェントルマンは自身のキャリアを継続、優先する事が許されて、ファーストレディには許されないというのは何故?と思うので、新しいファーストレディの在り方を見れる事を期待しています!
彼女の経歴で凄いなと思うのは、博士号をデラウェア大学で取ったのが55歳の時であること。

バイデン氏と結婚をして育児が忙しい期間は仕事を辞めていた期間もあったけれども、子育てが落ち着くと教職に復帰。しかも、大学院にも行き、博士号を取り教師として着実にキャリアアップしていったのは、強い信念の持ち主だと思います。

大統領夫人は、恵まれない子供達や退役軍人の方々などへの支援ボランティアなども手掛けていたミシェル夫人のような人もいれば、ヒラリーさんのように、ビジネスパートナーのように大統領を支えた人もいて、様々です。

ある程度夫人の個性を活かせるので、ジル夫人は自分なりのやり方で、大統領夫人として活躍して欲しいと思います。
女性初の副大統領としてカマラ・ハリスさんが注目を集めていますが、ファーストレディも米国初の「兼業ファーストレディ」。バイデン政権は色々と興味深い。
古い時代の名残だと思うので、ファーストレディとかやめたらどうか。国は違えど、女性の首相の夫との扱いの違いはありそうだ。そんなのはなくしていったほうがいい。
関連記事一覧
「キャリアは自分で選び取るもの」と発想を変える コロナを経験した私たちの次の一歩
朝日新聞GLOBE+
240Picks

「ディーゼル」親会社が「ジル サンダー」を買収か
WWD JAPAN.com
81Picks

「夫の人生だけを生きることはできない」ジル・バイデンが示す新しいファーストレディの生き様
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
79Picks

ファーストレディーと教職を両立か、ジル・バイデン夫人の挑戦
AFP
75Picks

キャリアの「絶対にこれは手放せない」を知るための8つの手がかり
Business Insider Japan
48Picks

「キャリアは偶然によって作られる」スタンフォード大学教授が提唱 変化の激しい時代にマッチしたキャリア理論とは【ボーク重子】(FNNプライムオンライン)
Yahoo!ニュース
9Picks

陽性なら米大統領選討論会中止を バイデン氏、新型コロナで
共同通信
9Picks

【5分で分かる】キャリアにおけるダイバーシティ(多様性)・障害者のキャリア理解
キャリ男人事サロン
7Picks

転職?副業?キャリアを見つめ直すときに役立つ4つのルール
ライフハッカー[日本版]
7Picks

ファーストレディになるジル・バイデン博士とは、どんな人? キャリアと政治家の妻を両立してきた。【アメリカ大統領選】
ハフポスト日本版
6Picks