新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
市場がもどってくると、投資余力がある方が有利です。Weworkでの損失は痛いですが、設立以降、圧倒的に世界的に知られるようになりました。ファンドにとって大事なソーシング力と投資余力はポジティブな話。

上場株投資を始めた件、投資先の10社。各業界で勝ち組、もしくはリーダーへなるポテンシャルを秘めた先に優先的に投資している。コロナ後のトレンドにのった企業ばかり。選定基準は一定理解できます。

他にも投資先があるのかもしれませんが、この時点では、GAFAMからこの二社を選定していること(他の三社は外していること)、中国IT大手が含まれてないことがむしろ注目でしょうか。

(上場株投資銘柄)
Amazon, Zoom, NVIDIA, Square, Abobe, Docusign, Sea, Tesla, Netflix, Google
そんなに短期間で「眼力」が衰えたり復活したりはしないでしょう(笑)。
投資家の立場では、個別の投資がうまくいったか/失敗したかが気になるのは理解できますが、ファンドマネージャーの立場では、個別の結果に一喜一憂せず、ファンドトータルでのリターンを見てほしい。特にSBGの場合は(レイタ―ステージ中心でしょうけど)ベンチャー投資が多いわけで、失敗も多数あって当然。
ベンチャーファンドやバイアウトファンドは、一般に、10年といった長期にわたって解約できません。それは、個別投資に一喜一憂しても意味がないよ、という意味合いから「我慢強い」投資家しか入れない(入ってはいけない)運用商品であるからなのでしょう。
ソフトバンクGはいろいろなところに投資していますが、大きな利益を上げているのはすべて中国ではないでしょうか?
投資の基本は伸びる業種、そして伸びている国ですね。
中国で上がった利益を世界に投資するスタイル、今後も続きそうです。
ニュースで取り上げた中国ベンチャー企業「貝殻找房」ですが、一部のマーケティングアナリストの間で「過大評価だ。IT株のバブルしか見えない」という意見も出ました。
そもそも「貝殻找房」は、中国最大の不動産仲介チェイン「鏈家」を基に出来上がった不動産情報アプリで、情報の豊富さは注目点ですが、最大の特徴は「VR内覧」や「新築物件の売主直連」などで、不動産の探し方や買い方に大きく変われるではありません。実際に中国の不動産関連アプリの月間ランキング内でも1位ではなく2位です。
IPO後まもなくの値上がりは一時的なものか否か今後見極める必要があると思いますので、WeWorkの再びにならないように祈ります。
孫正義氏は色々と言われますが、とにかく打席に立ち、バットを振り続けていらっしゃる。よってホームランもあれば、併殺もある。

現にソフトバンクグループをここまで大きくされたのだから、トップクラスのディールメーカーであり、投資家としての才覚があることは間違いないですし、大きく出資した中国のIT大手アリババは、いまや時価総額が60兆円を超える巨大企業となっています。

かたや、鳴り物入りで始まった「10兆円ファンド」は1兆8000億円の投資損失で、昨年より話題となってました。

"眼力復活か" とのこと。
"ベイク" 要チェックですね。

今後も社会にどんなインパクトを与えられているかどうか、注目させていただきたいです。
少し当たれば持ち上げられ、少しはずれると叩かれる…著名人は大変ですね。

米国だと放置してくれるのですが、日本だと、そうしてくれません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
コメントの通り、自分で育てず勝ち馬のレイト投資って投資眼なのか シリコンバレーはそこを嫌ってる
孫さんの米上場株投資が堅実すぎて逆にビビるw
本日は、ソフトバンクGの7-9月期(第2四半期)の決算発表日。ベイク...._φ(・_・
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
17.8 兆円

業績