新着Pick
160Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5000万人中1000万人を記録する米国ですが、現状感染管理は完全に州に任され、州ごとに大きく方針が異なるため、未だ感染者数及び死亡者数が大きく増加する州がいくつもあります。

感染対策を強化したヨーロッパと比較すると、緩慢な対策と考えざるを得ず、次の1ヶ月は再びヨーロッパからアメリカに注目の的が移り変わることが予想されます。

選挙を潮目に政策としては雰囲気が変わることも期待されていますが、同時に現実として選挙の祝賀ムードや抗議デモが追い討ちをかけている可能性も否定できず、今後のholiday seasonで国内旅行や屋内パーティーが増え、感染伝播が増加することも容易に想像できます。

バイデン氏はCOVID-19対策のタスクフォースを新たに月曜日に命名する方針のようですが、州によって医療機関に過剰な負荷がかかっている地域もあり、すでに感染対策は待ったなしの状況です。
日本に来て、マスク着用の徹底度に感心。室内どころか、外でも殆どの人が徹底。先進国では抜きん出たコロナ被害の小ささも納得。欧米諸国も、これが出来ていれば、ここまで結果は悪くなかっただろうに…
やっぱり、コロナで一番大きな要因はマスクとソーシャルディスタンス。握手やキスなどの文化が根強い欧米で、マスクをさせ、ソーシャルディスタンスを保つのは無理。規制へのデモ、反発がおき、マスクをしていない人も目立つ。これからサンクスギビングとクリスマスがあり、家族が集まる季節。寒さもあり、換気も怠りがち、ここで更に感染者が増えると医療施設の機能がもつかが心配になる。来年のオリンピック、開催するには、この状況をみんなで乗り切らないといけない
コロナのリスク、情報の透明性、医療技術の整備、行政の指導、どっちを見ても、
欧米日には大きなミスをしていないにもかかわらず、
なんでこれほどコロナの猛威を振るうのか、理解不可能。
かえってろくな医療を持たないインドではコロナ肺炎にかかっても死亡する人の比率が低い。
台湾、ベトナムでは患者数も少なく、死亡する人はもっと少ない。
欧米日本よりきちんと対策を取っているとは思わないが。
欧米でコロナ感染が急増中。致死率は2.5%。コロナとインフルのツインデミックになるともっと厳しい状況になるでしょう。日本も万全の備えが必要です。
今回の選挙でバイデン氏の支持者はほとんどマスク、一方トランプ氏の支持者はほとんどマスクなしにはわかりやすくて驚いた。
習慣ないとはいえマスクして欲しいなー。寒くなるシーズン。
行くべからず3箇条

不特定多数が集まる、
繁華街
飲み屋
集会やコンサート

これとマスクを組み合わせれば、そんなに増えないと思うんですが。。。
9月に遠隔対面 hybrid 授業でスタートしたメリケン大学の多くは、あと2週間後のThanksgivingを境に、来年の冬学期まで全リモートに移行する予定の所が多いです タイヘンしんぱいです、この状況で学生さん帰省が起きると
最近、乾燥がきついなと感じます。
と、今年の2月、3月を思い出してみたのですが、例年より以外に雨や雪が多かった記憶が…

普段から風邪やインフルエンザが増える季節ですから、コロナが増えるのは当然ですね。
とにかく、一人一人が地道に感染防止策をすることが一番だと思います。
新型コロナウイルスの感染者数が世界全体で5千万人を超えたというジョンズ・ホプキンズ大の集計。「死者は世界全体で125万人を超え、致死率は約2.5%」