新着Pick

任天堂「どうぶつの森」絶好調で迎える山場

東洋経済オンライン
2020年3月に発売した、「あつ森」が世界的なブームを巻き起こし、任天堂の活況が続いている。11月5日に発表した2020年4~9月期の中間決算は売上高が前年同期比で約7割増の売上高7695億円、営業利益は約3倍の2914億…
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
来年の3月でNintendo Switchの発売から4年になる。
コンシューマ機のハードは、発売から3年目がピークになる。
任天堂は4年目もピークを更新する勢い。
この結果が特殊要因に依るもので、今年がピークになったとしても、これまでのような急激な下がり方ではなく、高いレベルで緩やかな減少になるのかも。

PS4を見ていると、ハードのピークを過ぎてから、どれくらい長くソフトが売り続けられるか。PS4のハード販売は末期を感じさせますが、ソフトは多く発売されている。
任天堂の過去2,3機種は、PS4の様な状況では無かったという印象がある。任天堂専用ハードみたいな所があったのも、一因ではないかと思う。セガのハードも少なからず、そんな部分があった。Nintendo Switchの発売当初から気になっていたけど、このハードもそんな傾向を感じる。Nintendo Switchの好調を報じるニュースは数あれど、任天堂以外のゲームは余り出てこない。Minecraftが目立つくらい。気にするほどでもない些細な事なんだろうけど、そんな些細な事が気になってしまう。


『任天堂のゲーム機の販売動向推移をさぐる(2020年公開版)(不破雷蔵) - 個人 - Yahoo!ニュース』
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20200616-00182458/
あつ森一本槍みたいな書かれ方ですね。巣ごもりによる旅行などの他のレジャーからの予算振替の方がよっぽど大きいと思うが。まぁそこにヒットタイトルが重なったのは事実だけどね。スイッチ本体は未だに日本の任天堂の公式サイト上では売り切れ。Amazonでも転売業者が希望小売価格に5000円ほど上乗せしている。甥っ子のクリスマスプレゼントに買いたいんだけど…
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
8.65 兆円

業績