新着Pick
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インターネットが普及し始めたとき、生活様式が一気にアップデートされていくことが明らかだった。インターネットが普及すればするほど、その後登場したモバイルが普及すればするほど、確実に長期的に増大するものがいくつかあった。記事のクラウドインフラ市場もその一つで今後長期的にまだまだ成長していく。

以下のようなものだ。ここを抑えているのが米中であり、今の圧倒的なデジタル産業における影響力を持っている源泉。日本企業がここでも後塵を拝してしまったことをあらためて感じさせる記事。NTTが持株会社を中心に一気にリソースを集約し、クラウドやIoTで世界に勝負を仕掛けるのを行政含めてなりふり構わずやり始めたのも、そのため。ドコモを完全子会社化し、クラウドインフラのコア企業であるNTT COM出身社が持株の社長を務め、NECとの資本業務提携を進める。(※NTTデータもいつかは100%化されていく流れでしょう)

・買い物のインターネット化、すなわちEコマース化
・Eコマース化普及が後押しする決済のデジタル化
・Eコマースを支える物流インフラのテクノロジー化

・デジタルデータの増大
・さらにリッチコンテンツのデジタル化、ゲーム・映画・動画・音楽等
・それを支える ITインフラの拡大、すなわちクラウド化、IoT化

(世界トップ5)
・Amazon(アマゾン)(約1兆1990億円)
・Microsoft(マイクロソフト)Azure(アジュール) (約6100億円)
・Google(グーグル)(約3000億円)
・Alibaba(約2070億円)
・IBM

「近くのパーセントへ丸めた値は、Amazon 33%、Microsoft 18%、Google 9%、Alibaba 5%、IBM 5%、Salesforce 3%、Tencent 2%、Oracle 2%、NTT 1%、SAP 1%である」

余談だが、ここでもSalesforceが登場している。着々。SaaS業界は多数成功事例があるが、一つ頭飛び抜けているのはこういうところも見てもわかる。
中国市場におけるクラウドインフラストラクチャは規制されて純粋な競争になっていないため、Alibabaのサービスが伸びているのは必然です。

Alibabaは、中国においてAmazonやGoogleなどの先行プレイヤーとぶつかることなく地力をつけつつ、アジア地域でのシェア拡大を狙っていることが想定されます。
この規模感で60%成長って半端ない。成長率でいうとAWSやGoogle Cloudより高い。まだまだ成長余力あるのでこれからが楽しみですね。
International Business Machines...Big Blueを中国の企業が抜く時代が来るとは…10年前に、誰一人予測できなかったのではないでしょうか?

そういう時代になったということですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Alibabaの成長率が高く、今後はクラウド市場はAmazon、MS、Alibabaの3強になっていくかも。
GCPは堅調とはいえ、そうなった時にGoogleはクラウド事業をどうしていくかな。広告などの主力事業からは見劣りするはずなので。
ここは国防的観点でも一部日本製が出てこなくて大丈夫なのかと思っています。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
12.1 兆円

業績