新着Pick
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もともと2017シーズンからの4年契約に1年楽天側に延長オプションがあったとのこと。足元コロナ禍ですポーチチームのスポンサー営業としては厳しい状況にある中、来年の延長交渉も楽天側が望めば継続する可能性が高いと推測します。世界no.1クラブのトップスポンサーを企業を10年近く日本企業が続けることは感慨深い。
スポーツ×企業×テクノロジーの新しい未来を形にして、スポーツとの関わりを示してください。日本企業は欧州企業の様にスポーツのアクティベーションの活用がなかなか得意ではないのです。
楽天は足元は国内モバイルへの先行投資で利益は圧迫されていますが、売上は拡大しているので、順当な投資でしょうか。
今後、どんなバルサとのアクティベーションを進めていくのか、引き続き注目したいです。
ヨーロッパではECサイト、TV、決済サービスなどを提供しているらしい。

https://corp.rakuten.co.jp/about/company/europe.html

ブランディング手段の一つとして行なっている事だが、実ってきたという感じだと思う。
事実、知名度は上がっている。

業績