新着Pick
431Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の選挙もそうですが、開票当初は人口が少ない地方部から確定していき、最後に都市部の票が残ります。都市部と地方で明らかに支持層が異なる場合、終盤で大逆転が起きます。大統領選でミシガン、ウィスコンシン、ジョージアで起きているのがまさにこの現象で、当初は共和党=赤優勢だったのが終盤で青=民主党に塗り変わる、ということで「レッド・ミラージュ」(赤い蜃気楼)と呼ばれています。今回はこれに、バイデン票が多いと言われる郵便投票の票が加わり、この終盤の逆転劇を加速しています。ペンシルベニア州でも当初はトランプ氏が大差をつけていたのが、2万を切るところまで差が縮まってきました。
1月20日の大統領宣誓式の際、演説が行われるワシントンD.Cの議事堂の群衆側ではなく、反対側の車寄せ前にヘリコプターが降り立ち、前大統領夫妻が乗ってワシントンD.C.を去る… 慣例であり、ひとつのセレモニーです。2008年オバマ大統領就任の際、物凄い聴衆の中でブッシュ前大統領の乗ったヘリを見上げていました。その際の大ブーイングのシーンは今も忘れません。

今回法廷闘争が長引き、トランプ氏が負けを受け入れない事態が生じるとすれば、最悪ホワイトハウスに”居座る”事態も想定されるという専門家もいます。そうなれば軍の出動も…と。そう考えたくありませんが、既定路線だったエスパー国防長官辞任の次は、FBI長官などトランプ氏側から更迭するのではとの指摘もあります。

いずれにせよアメリカ政治が不安定になり、国際政治のバランスも大きく変わる恐れがあります。トランプ氏側がどこでギブアップするか、聞く限りホワイトハウス内は、まだまだ主戦論のようです。
APとFOXはアリゾナでバイデン勝利判定をしているので、ジョージアがバイデン勝利で決着した場合、この2社はバイデン氏の大統領選当選を宣言する可能性が高い。変数は法廷闘争だが。
う〜ん、どうも日本語メディアの見出しの付け方は変だな。「猛攻」ではなく、既に投じられた郵便投票の票が開いているだけなんだが…。しかもこれから票が開くのは今年亡くなった公民権運動の闘士のジョン・ルイスの選挙区。
歴史を見ると、選挙で選ばれた大統領が1期だけで負けた例は戦後2人だけ、そのうち政権党が4年で終わったのは民主党のカーターだけです。(もう一人のブッシュ父は、8年のレーガン政権を引き継いだもので、共和党が12年続いた後)

すでに歴史上最大の票数を獲得したバイデン。いろいろな意味で歴史的な選挙です。
ジョージアでもバイデンが逆転。ペンシルバニアも早晩。ネバダも勝つと思う。結果、得票数はバイデンの圧勝。訴訟で何とかなる差じゃない。



**
トランプ大統領の緊急会見が終わったけど、終始証拠を何もしめさないまま、民主党の不正が行われているせいで自分は負けているという主張を繰り返しただけ。言っていることの殆どはフェイク。正直、表情をみていても負けは覚悟した上でのエグジット戦略に入っているとみえた。

トランプがセキュアーしたいのは2つ。退任後に起訴されないことと、経済的なリターンを最大化すること。

フリン、バノン、ロジャー・ストーン、マイケル・コーエンなど元側近が軒並み起訴されてる。退任後のトランプにも同じリスクは大いにある。これを避けたい。今回、騒ぎを大きくしていっているのは、起訴を避けるためのディールに向けた準備だと思う。

経済リターンは彼にとってかなり重要。現状のトランプのビジネスはコロナでボロボロ(ホテルやゴルフ場とかリゾート系が多い) 立て直すためには稼ぐ必要がある。米大統領選は利権誘導が簡単ではないとこの4年間で気づいたはず。中露北との違いをw

退任後、本を書くのとNetflixでのドキュメンタリーとドラマをプロデュースすれば巨額を稼げるのは間違いない。今や彼は世界最大のインフルエンサーだから。

彼は政治的なビジョンはない。元々の公約の殆どを4年間で実行した(これはこれで凄いけど) トランプにとって最優先なのはトランプブランドと資産の最大化。この観点から、後4年間続けるメリットは殆どない。自分の信者は取り切った。後4年やってもこれ以上フォローは増えない。必要なのは収益化。

大統領だと制約が多すぎる。Sleepy Bidenに負けるのは彼の美学に反する。なので、不正があったから負けたというのを信者に信じ込ませて、起訴されないディールを勝ち取ったら、意外にアッサリと引くと思う。

そして2024年に再出馬を宣言することで注目を集め続ける状態を作り出し、彼の関心をひきたい中露サウジなどの海外勢とのディールも期待できるw 続けない方が美味しい「ディール」w
ペンシルベニアもバイデン氏がリードに転じましたね。残票はバイデン氏が強いとみられるので、状況として当選の可能性が濃厚になってきていると言えるでしょう。当確が打たれず残っている5州(APとFoxが当確済みのアリゾナを含む)の現時点の得票率とRealClearPliticsの世論調査支持率平均を並べてみたところ、以下のようになりました。

開票結果と世論調査
※〈〉内は推定開票率(NYT)。()内はRCP平均
ペンシルベニア〈95%〉Biden49.4(48.7) Trump49.3(47.5)
ジョージア〈98%〉 B49.4(47.2) T49.4(48.2)
ノースカロライナ〈95%〉T50.0(47.8) B48.6(47.6)
アリゾナ〈90%〉 B50.1(47.9) T48.5(47.0)
ネバダ〈89%〉 B49.4(48.7) T48.5(46.3)

これらの調査結果は実際に精度が高いと思います。サンプリング調査は誤差がつきものですから、あまり印象論に惑わされず、開票が確定してからよく検証する必要があります。
ちょっとそれますが、electoral のwinner-takes-all は、たしか連邦政府の法律ではなく、州法なんですよねぇ? これ、全ての州で決められてるんですか? クワシイ方オシエテ

ここまでくると、そんな事まで考えちゃいますねぇ

追記
なるほどねぇ MaineとNebraska ですか 他州でも検討はされてたようですねぇ
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Presidential_Election_Reform_Act
【追記】
いよいよペンシルベニアもバイデン逆転した様です。流石にそろそろ終わりにして欲しい。トランプは再集計求めるんでしょうけど。。

【原文】
今日は1日ジョージアの集計結果の更新をフォローしてましたが、ようやく逆転したとのこと。

ペンシルベニアも今日の変化のトレンドから察するに、バイデンが逆転しそうです。そうすると、308対230になり、バイデン圧勝感が出てきます。流石に訴訟でひっくり返すのも難しそう。

ちなみに、ジョージアでは泡沫候補であるLibartarian PartyのJo Jorgensenが61,380票(1.2%)を獲得しており、勝敗に大きな影響を与えています。本人もびっくりでしょうね。

https://newspicks.com/news/5365199?ref=user_1400096
https://newspicks.com/news/5364543?ref=user_1400096
まるでドラマを観ているような3日間です。
Countyまでbreakdownして集計状況を記者会見する大統領選挙ニュースを見たのは初めてでしたし、連日対立する両者の支持者のパワーには圧倒されます。

ジョージア州は、当初よりアトランタ市とアトランタ市を含むCountyの集計が遅れていました。しかも、選挙当日は夜中に集計作業を打ち切って、スタッフが帰宅してしまうというマイペースにもビックリでした。

ジョージア州は昨日から今日にかけては夜なべをしたようですが、最後の方は慎重です。
もう残り票は1万を切っているので、日本時間今日中に結果が判明することを期待します。

追記
ジョージア州は再集計をするとのことです。ジョージア州は州のルールで獲得票率の差が0.5%以内だと再集計を要求出来る…だったかと。まだ1回目の集計(→主に海外派遣兵や海外在住の人)が数千枚残っているのに再集計は大変そうです。