新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>「第5次エネルギー基本計画」では、“非効率石炭火力”を、このうち、「超臨界圧(SC)」以下としています。

と言いながら、

>新たな規制的措置の対象とする「非効率石炭火力」については、発電方式ではなく、実際の発電効率を指標とする方向で検討を進めることとしています。

と、実測値をベースにする方向で検討されています。

IGFCは55%と高効率で一見良さそうですが、設備コスト、石炭の前処理、使用できる石炭の希少性、メンテナンスコスト等を考えると、現実的な解とは思えません。酸素炊きの大崎クールジェンも、排ガスが一酸化炭素と水素になるので、作業環境は危険が伴います。

ローカルな発電効率にこだわりすぎると、何を求めているのかわからなくなります。最高効率運転は、一般に炉を痛めるので、経営上効率的ではありません。F1では街乗りに適していないのにも似ています。

会議3つもあるのか・・・。

16日の月曜には1つ目の会議体が開催されました。

第5回 総合資源エネルギー調査会 電力・ガス事業分科会 電力・ガス基本政策小委員会 省エネルギー・新エネルギー分科会 省エネルギー小委員会 合同 石炭火力検討ワーキンググループ (長!)
https://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/denryoku_gas/denryoku_gas/sekitan_karyoku_wg/005.html

再エネ導入が進んだことで、火力発電の稼働率が落ちていることを配慮すべきとなっています。実際、石炭火力の稼働率は80%→66%、LNG火力で68%→45.5%程度まで低下が見られます。

この資料のp.40
https://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/denryoku_gas/denryoku_gas/pdf/028_07_00.pdf

再エネは優先接続がある為、その分火力発電は発電量を縮小します。その事情は立地や季節等によって異なり、そうした細かい環境要因と、設備側の要因を切り分けて、どう「非効率」を定義するのかは行政判断になるわけですが、行政側の運用の余地が大きいことは問題である気がします。

また、この記事では、省エネ法は事例として上げていますが、この法律の枠組みでの公平なフェードアウトには限界がありますね。
関連記事一覧
京都市が「脱石炭連盟」に加盟 日本から初
朝日新聞デジタル
122Picks

非効率な石炭火力100基休廃止へ 日商会頭「結論ありき」に異議
産経ニュース
75Picks

実は減らない世界の石炭火力発電、欧米の石炭火力を減らしたのは市場の力
月刊誌「Wedge」のウェブ版
19Picks

厳冬で石炭火力が再評価?「石炭ガス化複合発電」実用化急ぐ
ニュースイッチ
14Picks

イギリス、石炭火力発電停止から2カ月 再生可能エネルギーに押され
BBCニュース
9Picks

インドが石炭火力発電所を新設か、政府草案に記述
Reuters
9Picks

沸騰!脱炭素マネー :「石炭火力の2分の1という低コスト」「1プロジェクトで原発100基分の大出力」「欧州ではすでにビジネスとして軌道に」未だに再エネをバカにする人が全く知らない洋上風力発電の最先端 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
8Picks

原子力停止、石炭火力縮小、洋上風力推進で、いったい何兆円かかるのか
アゴラ 言論プラットフォーム
7Picks

「安定的な電源で意義」三菱商事や国際協力銀行など5社が回答 ベトナムに「#石炭火力発電を輸出するって本当ですか」の質問状に:東京新聞 TOKYO Web
東京新聞 TOKYO Web
7Picks

石炭で脱炭素?日豪で挑む世界初の水素プロジェクト
NHKニュース
6Picks