新着Pick
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本件は定例のASEAN首脳会議に併せて行われる会合です。合意延期が繰り返されてきました。懐疑的な見方もありましたが、ASEAN+6(日中韓印豪NZ)ーインドでの大筋合意の見込みです。世界有数の経済力のある日中韓が参加していることも意義大。

初期からインドのRCEP参加は難しいと言われていましたが、ASEANはインドを2005年の東アジア首脳会議に招聘して以降、アジア大洋州の自由貿易プロセスに組み入れてきた。2010年にインドASEANのFTAという形で結実。RCEP参加とならなくてもプロセスで培われた経験は意義がある。

いけるとろまで交渉し、これ以上は本当の目的を達成出来ないと判断してインド抜き合意とするのは、いかにも"ASEAN Way"の柔軟性を示すもの。この柔軟性についても批判がありますが、そもそも、ASEANは極めて多様な国が加盟。先進国シンガポールから、戦乱や独裁政権にさらされてきたカンボジア、ベトナム、ミャンマー(通貨も非常に弱い)、人口40万人の資源国家ブルネイ、宗教も多種多様。

極めて多様な国がゆるやかなASEANという枠組みのなかで、時間をかけて合意を形成し、かつ、+〇〇方式や対話国方式で域外大国を巻き込んでいく外交を展開してきた意義は、経済に加えて安全保障上も大切(経済が悪ければ安全保障上も不安定要素になりやすい)。

4ー5前に書いた記事ですが下記のNewsPicksオリジナル記事もご参照下さい。5年、10年と読める記事を想定して書きました。本当に5年後がやってきました。

「経済共同体としてのASEANのポテンシャル」
https://newspicks.com/news/1123948/

「関税撤廃はほぼ目標達成。アジア広域に展開する経済協力」
https://newspicks.com/news/1338702/

「TPP、RCEPと相乗効果。深まるアジア大洋州の経済統合」
https://newspicks.com/news/1340713/

「激動の国際政治。巧みに生き残ってきたASEAN」
https://newspicks.com/news/1343888/

「安全保障の比重高まる。大国にとらわれすぎない見方を」
https://newspicks.com/news/1345932/
日本が多国間主義を主張する中で、それがこのタイミングで実践される事には大きな意味があると思います。
インド抜きでの締結になりそうですが、インドを含めて中国への牽制よりも、全体の締結を優先したようです。
日本が中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)などと巨大な経済圏の実現を目指す東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の首脳会議が15日にも経済連携協定に大筋で合意する方針のようです