新着Pick

DV被害者の住所、自治体ミスによる漏えい増加…11年度以降で63件に

読売新聞
DV(配偶者や恋人からの暴力)やストーカーなどの被害者を保護するための「支援措置」に基づき、住民票の閲覧などが制限された被害者の住所について、自治体が誤って加害者らに伝えたケースが2011年度以降、全国で計63件に上る
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕組み上、防ぐことが難しい問題なのか、単純なミスなのか。そのところがわかりにくいところはあると思いますが、テクノロジーを使い、システム的に教えることができないようにできないものかと思います。
関連記事一覧
家賃支援給付金が新設も、救われない「不公平の被害者」となるのは誰か
Diamond Online
4Picks

コロナと豪雨が突きつけるマイナンバー活用の岩盤 NFIからの提言(9)複合災害を前に従来の避難計画は無力
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

PayPay、キャンペーンにおける地方自治体からの相談窓口を開設
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
2Picks

発達障害者支援法とは?法律の内容や支援対象、実際に受けられる支援についてご紹介します
LITALICO仕事ナビ
2Picks

住民税ってどうやって決まる?10%以上かかる自治体があるのは本当か
Mocha(モカ)|お金の知性が、人生を変える。
2Picks

爆発被害のレバノン国民に315億円超を「直接」支援、世界が確約 仏発表
AFP
2Picks

レバノン支援、300億円超拠出 仏主催の国際会合で約束
共同通信
2Picks

首相「特定災害指定」指示 九州豪雨対策本部 自衛隊増強、2万人に
産経ニュース
2Picks

連合、支援政党を一本化せず 次期衆院選の基本方針を決定
共同通信
2Picks

新型コロナ休業支援金申請で雇用企業による悪質な受給妨害が横行。企業側協力なしでも支給決定せよ
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
2Picks