新着Pick
349Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ペンシルバニアでバイデンが逆転、270選挙人超えした時点でで勝利確定というのが大方の予想です。しかし、最後の票が数えられるまでは分かりません。結果が確定した後も、トランプは1月まで任期が残されていて、支持者を煽動したり、様々な混乱が起こる可能性があります。ここまでのツイッターの投稿などを見るかぎり、静かに敗北を受け入れる気はまったく無さそうです。
選挙人の過半数270人を超えれば勝ちです。まだ結果が公式発表されていないのは、ペンシルバニア(選挙人20)、ジョージア(16)、ノースカロライナ(15)、アリゾナ(11)、ネヴァダ(6)、アラスカ(3)です。
 このうちバイデン候補が最も取りそうなのはアリゾナとネヴァダで、今取っている253に合わせるとちょうど選挙人総数の半分、270になります。この2州に加えてさらにもう1州取れば、バイデン候補の勝ちです。+1となりうる可能性が高いのはジョージアと見られています。
 仮に、2021年1月20日の時点で大統領が決定していない場合、憲法の規定により、連邦下院で次の大統領が決定されます。下院選挙でも接戦が続いていて、共和党と民主党の議席数は拮抗しつつあります。
 トランプ陣営からすると、1月20日まで決定を遅らせられれば勝ち、という風に考えることもありえます。1%未満の接戦であった州もあるので、訴訟をはじめ、様々な手段で最終決定を遅らせる、という戦術はとられると見た方がいいでしょう。
アリゾナなどはすでに金曜日(日本時間のおそらく土曜日)になりそうだと公表していますが、ペンシルベニアはもしかすると今日中にも勝者が分かるかもしれないと伝えています。

こちらでの報道内容に従うならば、ペンシルベニアが順調に開票を済ませ、バイデン氏が勝った場合には、今日勝者が確定しそうです。しかし、それ以外の場合には、確定はまだ先になるかもしれません。

本当に忍耐が必要とされる選挙になりましたね。
改めて、覚めて見るとアメリカも日本に劣らずあるいはそれ以上に、国としてイノベーターズジレンマに罹患しリープフロッグで中国とインドに抜かれているデジタル後進国、低エグセキューション能力国家。たかだか単純選択式の開票にまる3日かかっても終わらない、制度設計から技術導入から全部大間違い。そもそも訴訟されうるポイントだらけであることも、それをはなから放置していた事自体現政権も悪いしどうしようもない。
「アリゾナ州はバイデン氏勝利」と報じたFoxNewsに、トランプ支持者から激しい非難の声が上がっているようです。

開票所に有権者が押し寄せ、作業を止めろと窓を叩く。別の開票所前では、銃を持った右派団体の抗議… 民主主義国家の姿とは思えない光景です。

バイデン氏、先ほどJST午前6時20分頃 短く演説し「集計が終了したら勝利は間違いない、もう少し辛抱しよう」と述べました。きょうにも勝利宣言となりそうです。
トランプ大統領の緊急会見が終わったけど、終始証拠を何もしめさないまま、民主党の不正が行われているせいで自分は負けているという主張を繰り返しただけ。言っていることの殆どはフェイク。正直、表情をみていても負けは覚悟した上でのエグジット戦略に入っているとみえた。

トランプがセキュアーしたいのは2つ。退任後に起訴されないことと、経済的なリターンを最大化すること。

フリン、バノン、ロジャー・ストーン、マイケル・コーエンなど元側近が軒並み起訴されてる。退任後のトランプにも同じリスクは大いにある。これを避けたい。今回、騒ぎを大きくしていっているのは、起訴を避けるためのディールに向けた準備だと思う。

経済リターンは彼にとってかなり重要。現状のトランプのビジネスはコロナでボロボロ(ホテルやゴルフ場とかリゾート系が多い) 立て直すためには稼ぐ必要がある。米大統領選は利権誘導が簡単ではないとこの4年間で気づいたはず。中露北との違いをw 退任後、本を書くのとNetflixでのドキュメンタリーとドラマをプロデュースすれば巨額を稼げるのは間違いない。今や彼は世界最大のインフルエンサーだから。

彼は政治的なビジョンはない。元々の公約の殆どを4年間で実行した(これはこれで凄いけど) ここから4年間やるメリットが殆どない(ディール的に) 彼がフォーカスしてるのは退任後のリターンとトランプブランドの価値の最大化。この辺がまとまると割とスッキリと退くと思う。
とりあえずあれこれ考えても仕方が無いので、のんびり待つしかないね。それにしても各州でこんなに僅差になるとは、私が物心ついてから見た大統領選挙の中では初めてだ。
投票率が恐らく過去最高となり、両氏のどちらが勝っても、米国にとっては大きな選択となるのでしょうね。
トランプ氏の最高裁への不正投票提訴も法的権利だから、日本的感覚の「見苦しい」は通用しないし、それが落ち着くまでは史上最大のショーは終わらない。

いずれにしても、米国でのイニシアチブが一刻も早く確立されることを祈ります。でないと赤い国がどんどん勢力拡大をする。
【国際】今回のアメリカ大統領選において混乱や不和を深めているのは、実は「結果の速報性」にこそあるのではないか?科学技術や統計手法の劇的な発達は、「速く結果を知り、伝えること」を可能としたのだけれども、それが有効性を発揮するのは「大差がついている時」であって、僅差の場合は「速く結果を知り、伝えること」ではなく、「結果を慎重に確認し、吟味をしてから正確に伝えること」の方がより重要であると思う。

結果を確認、検証し、伝える役割を持つ当局者やマスメディアは「結果を慎重に確認、検証し、正確に伝えること」、結果を伝えられる有権者は「結果が伝えられるまで忍耐強く待ち、伝えられた結果を慎重に吟味、検証し、受け入れること」が求められるのではないだろうか?

そもそも民主主義というものは結果が出るまでに「時間がかかる」、より厳密に言うのであれば「慎重さを要する」政治制度である。歴史上、民主制から独裁制への移行のひとつの理由は、民主制における意思決定の遅さが挙げられる。古代ローマの共和政から帝政への移行、フランスの共和政からナポレオン帝政への移行、ドイツのワイマール体制からナチス独裁大勢への移行はいずれも、民主制における意思決定の遅さと無縁ではない。

近年のアメリカ大統領選挙は11月の投票日後数日で確定したように報じられ、選挙人投票や連邦議会での開票結果発表が形骸化している節があるが、本来は11月の投票(それは本来選挙人の選出でしかない)から、選挙人による投票(12月上旬)、連邦議会での開票結果発表(1月上旬)まで2ヶ月程度を要するものであり、決定までに時間のかかるものである。

時間をかけるべき局面においてきちんと時間をかけ(今回の場合は慎重かつ正確に集計を行い、検証する)、有権者はそれを忍耐強く待つ必要がありそう。
トランプ大統領がすんなり敗北宣言するとは思えない