新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の海警局は中国の法律に基づいて違法と判断したとき、中国の「領海」に進入してきた外国の船舶を強制的に追い払ったり取り調べたりする権限を持つなど、具体的な任務を規定しているとの話。外国の船舶が中国が管轄できると判断する海域で「違法に」活動しているとき、停船命令などに従わない場合は、武器を使用できると規定している。しかも、対象海域としては「領海に加え、排他的経済水域や大陸棚なども含む」との話。日本と中国の公的な船舶が直接,衝突するという事態を想定する必要がでてきた。
「排他的経済水域や大陸棚なども含む」管轄海域で武器使用が可能ということは、尖閣諸島付近でで操業中の日本漁船や海上保安庁の巡視船を攻撃してもいいということ。しかも相手は強気の軍の傘下。

この一方的な領土拡大策は日本にとって大きな脅威です。知らない間に尖閣諸島を実効支配されるリスクにどう対処するんでしょう?
海保と海自の役割見直しと交戦規定の見直しした方がいいんじゃないですか?
武器が使えぬ海上保安庁の巡視船で守れなくなったら日本の漁船が追い出されて中国の実効支配が既成事実になって、武器を持った護衛艦が出て守ったら一気に事態が緊迫して対応に戸惑ううちに占領だってされかねない。日米同盟の対象として守ってくれるべき米国が大統領選で意思決定力の落ちそうな時だけに不安です。荒唐無稽な杞憂で終われば良いけれど… (・_・;
大変懸念される動き。衝突という事態、考えられるリスクに十分に備える必要がある。それにしても海上保安庁は、その重要性に比べて資源配分が少なすぎ。
全人代が、中国の周辺海域で監視などを行う中国海警局の任務や権限を定めた「海警法」の審議を行っていて、草案の内容を初めて公表したそうです