新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
映画の版権を担保にした融資は昔からありますね。そんなに利用はされていないと思いますが。後は在庫の担保も米国ではメジャーです。

事業を担保にする場合には担保に入れたい事業をSPC特別目的会社に移してその会社の株を担保にとれば良いと思います。

本質は担保権などの法的な問題ではなく金融機関が事業キャッシュフローを精査してリスク判断できるかという能力だと思います。プロファイの一つの形態です。
担保設定が大前提になってしまってますが、実態としてどれぐらいインパクトがあるんでしょうね。

融資の本来の姿は、事業キャッシュフローによる返済原資の確保です。それができない、もしくは金額含めた条件を有利にするために担保設定があるとすると、あくまでも枝葉の議論です。

中小企業でキャッシュフローが十分出てない場合、不動産など固定資産の担保価値以上に、無形固定資産の担保価値の大きな中小企業がいるかは疑問です。

とはいえ、より実態価値に即したファイナンス戦略を後押しする規制改革には総論賛成です。
不動産担保に意味があるのはデフォルト時に不動産価値と債権価値の相関性がなく、一定の換金性が確保できているから。無形資産の場合、企業のデフォルトと無形資産の価値とは相関性が高そうですし、無形固定資産の換金市場はまだ薄い。
要は、無形固定資産の事業性をどう金利プライシングに織り込むかに本質は帰結すると思いますが。。。
別に版権等の無形資産に担保設定できなかったわけではなく、包括的担保が取れなかったという話ですよ。


新たな仕組みでは、企業独自の技術やノウハウといった無形資産を含む事業全体の価値に包括的に担保権を設定できるようにする。これまでも特許権などの無形資産に個別に担保権を設定することはできたが、価値判断が難しいなどの問題で浸透していなかった。
銀行側がこれらの無形資産を正しく評価できていれば、プロパー融資がもっと増えているはず
林田さんがコメントされている映画の版権などを担保にした融資ですが、製作委員会が持つ将来収益を担保にする手法が確立すると、裾野が広がると思います。映画とゲームは似ているので、ゲームにも応用できるかな?と。
ただ、ゲームは複数のタイトルでポートフォリオを組まないとリスクが高過ぎとは思います。
これは地銀再編のひとつなのかな?

「将来有望な企業でも担保がないために融資できず、事業拡大に必要となるリスクマネーを供給する手段が乏しかった。」

無形資産への注目度は年々上がってるけど、可能性を広げる反面扱いがめちゃくちゃ難しくなるので採用しない金融機関も出てるんだろう。
そうなると余計に銀行の明暗を分けることにもつながってくる。ますます地銀は岐路にたたされるんだろうなぁ。

あとは、
年間融資限度額とかを決めて決裁権者を下すような営みをしないと、通常と同じ融資稟議フローに乗せると積極的投資なんかは進まないだろうな。
不動産以外の担保を認めて、融資対象を増やす動き。良い取り組みかと思いました。課題は、無形資産の評価をどうしていくか、でしょうか。