新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイデン新政権が誕生するとき米中関係はどうなるか。その答えのひとつがこの記事。「米国は中国の経済力、技術進歩、会計基準に深い不信感を抱いているため、バイデン前副大統領が来年1月に大統領に就任することになっても、中国からの投資に対する障壁の多くは維持される公算が大きい」。確かに共和党、民主党を問わず中国の体制、中国の米国への投資、中国の軍事政策にアメリカは疑心暗鬼になっている。トランプ政権下で決まった中国国籍者の米国内での就労ビザの基準を一挙に元にもどすことはしないだろう。しかし、これだけ両陣営で相手を罵りあったあとだから、バイデンさんはトランプ政権の対中政策を踏襲することはない。中国への「関与」政策を大々的に進めて、トランプ政権との違いを鮮明にすることを試みるのではないか。