新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
改めて当日に強調したいポイントですが、「増税の人」としてのバイデンの評価がすっかり脇に置かれて、理屈つけて株を買われているのが現状です。株は所詮買われるしかない金利環境と察しますが、まとまった幅の揺り戻しには警戒したい所です。
大統領選の結果の全体的な世界や米国のファンダメンタルへの影響よりも、単純な財政出動の規模だけで株価が動いていますね。これ以外はまだ読み込みづらいからこそ、その動きに市場は注目してしまっていますが、実際は増税の影響など悪影響も含めて株価は中期的には調整していくのでしょう。
テスラや太陽光関連が大きく買われ長期金利が上昇する一方、ドル安とマーケットは大統領に上下両院民主党支配のブルーウェーブと見ている感じ。4年前のようにサプライズとなるか、このままの結果となるか米株先物の動きからも目が離せない
株式市場はバイデン氏の勝利を織り込んできましたね。
私は株価に対してはバイデン氏の大型経済対策よりトランプ大統領の減税の方が効くと思っています。
経済対策は効果が限定的です。どこかで大きく調整が入るのではないでしょうか?
大統領選の結果でもめれば、本日の上昇分は軽く失われそうな気がします。