新着Pick
401Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米大統領選、バイデンの勝ちですね。郵便投票の結果が届き始めミシガン、ウィスコンシンで逆転。270票に到達。他の州を待たずに勝利が確定しました!

ただ勝利が有力と言われてるネバダの郵便投票の集計が終わってないので、万が一そこがひっくり返るとまだもつれる可能性はゼロではありません。ただその可能性は薄くバイデンの勝利はほぼ確定だと。

前半、当日投票から開票が始まるのでトランプが勝っているようにみえて、後半、郵便投票が届き始めてバイデンが逆転する。レッドミラージュ(赤い蜃気楼)が現実になりましたね。

トランプ陣営は不正が行われたと主張を始めて(当初の予想通り 苦笑) ウィスコンシンなどでの再集計を求め、最高裁で争う姿勢を見せているので結果が出るのに時間はかかりそう。

残っているのは
ペンシルバニア 20
ジョージア 16
ノースカロライナ 15
ネバダ 6

ネバダは恐らくバイデン。その他はまだ分からない。後半で一気にバイデン票が増えたので、不正を指摘する人がいるけど、これは完全にミスアンダースタンディング。都市部の郵便投票の結果がまとめて届いてるだけ。都市部は人口が多いから集計に時間がかかる。そして多くの人はバイデン支持。当初から言われてたこと。

下院は民主党が勝ったので注目は上院。こちらも大接戦。現状は民主党47、共和党49。過半数は50。

残っているのは
ミシガン、ノースカロライナ、ジョージア

ここで1議席を取れれば勝てる。現状は凄い接戦。

選挙前からいってる通り自分的な理想は
バイデン大統領
上院 共和党
下院 民主党

今のところはその方向になりそう!期待したい!

**
米大統領選とんでもない接戦へ…

現状をまとめます

アリゾナ、ネバダ、メインはバイデン。アラスカはトランプになりそう。そうなるとバイデン244票、トランプ216票。過半数が270票。

残っているのは
ペンシルバニア 20
ジョージア 16
ミシガン 16
ノースカロライナ 15
ウィスコンシン 10

バイデンはこの中で26票を取ればいい。ノースカロライナはトランプかなぁって感じですが、それ以外は本当にどっちが勝つか分からない
前回トランプ勝利を的中させた世論調査会社トラファルガーグループの最終予想は、303対235でトランプの圧勝とのこと。
そして今のところその予想に近い線で動いているように見えます。
前回同様最後まで目が離せない展開になりそうですが、いずれにせよ前回と同じように多くのメディアが世論の動勢を再び見誤ったのは間違いなさそうですね。
まあ、何があっても民主・共和の候補が勝つという州はたくさんあるので、この辺はもう既に織り込まれている。勝負は激戦州でトランプはラストベルト三州を含む激戦州のかなりの部分を維持しないと再選は難しい。
郵便投票が大きい中、想定通り、延長戦。ウィスコンシン、ミシガン、ノースカロライナ、そしてペンシルベニアでどう決着が出るか。郵便投票が多い分、なんとも言えないもやもや感ですが、オハイオやフロリダでの善戦など、事前の調査からは想定内だったかと思われます。
あー私が行く州は民主党なのに、大統領はトランプ氏なんだ…と1時間くらい前から、接戦の上院選を見ていました。

何故、トランプ氏は勝利宣言をしないの?と不思議に思っていたら、
ジョージア州
ペンシルベニア州
ミシガン州
ノースカロライナ州
この辺りの開票作業チームが、今日はもう寝ます、後は明日ね!と作業を打ち切りにしたのですね。
→BBCニュースが現地から苦笑いしながら中継していました

これって、最終回を観ずにNetFlixを消してベッドに入ったということですよね。世界中の人々が仕事に集中出来ないで気にしているのに…

アメリカ人は、やっぱり凄いなと感心しています…
【更新】激戦州の決着は明日以降に持ち越されました。トランプ大統領は遅れて届く投票用紙のカウントを停止したいと述べ、法廷闘争に持ち込まれそうです。ここまではトランプ陣営の想定通りと思われ、最終的にどういったロジックで最高裁が決断するかだと思います。私見ですが、トランプ氏が述べた「票の停止」は、民主主義の根幹を揺るがす大変な発言だと思います、みんな驚くことばかりで麻痺してますが…

@@

随時、投票が締め切られますが、時差があるため州により時間が違います。

https://www.nytimes.com/interactive/2020/us/politics/polls-close.html

まずはトランプ氏の結果に関するツイートのタイミング、さらにはオモテに出てのスピーチのタイミングに注目です。

すでにトランプ氏が示唆していることから、陣営の弁護士含むスタッフはどこかで集票作業を区切るロジックを考えているはず。”赤い蜃気楼”と言われる、共和党優勢の段階でどこまで選挙人を獲得出来ているか。

気になるのは実際の得票データのシステム保護が万全かどうか。各州ごとの集計だけに激戦州のシステムへのサイバー攻撃への対処が気になります。

最後にオモテに出る「数字」が操作されないか、広大なアメリカだけに統一感も難しい問題ですが。
米大統領選の結果はいつ分かるのだろうか。選挙から二日が経過し、トランプ大統領もバイデン前副大統領も当選に必要な過半数となる270の選挙人を獲得していない。今回の大統領選は未だに大接戦となっており、日ごとに緊張が高まっている。アリゾナ州、ジョージア州、ノースカロライナ州、ペンシルバニア州、ネバダ州、アラスカ州の6州では今も勝者が正式に発表されていない。ペンシルバニア州は300万以上の郵便投票があり、開票作業が続けられている。バイデン氏がアリゾナ州とネバダ州を獲得すると勝利する一方、トランプ大統領陣営は3つの州で既に訴訟を起こすなど法廷闘争が始まっている。米国と世界の民主主義のためにも、早く結果が出ることを祈る。
元々民主党の地盤の州の人に聞いたってバイデンしか言わないでしょ。選挙人の総取りという制度を採用している以上、支持者の数は全く関係ないので、そこは注意しないといけないですね。
下記も併せて。

ここしばらくのスウィングステートでの支持率の推移。トランプ氏の追い上げが激しい。
https://newspicks.com/news/5358978

各州での前回投票総数と比較した期日前投票の状況。テキサスなどは期日前投票だけで前回投票総数を超えている…
https://newspicks.com/news/5358965
州ごとの結果を見ると青と赤のラインが縦に交互に並び、Divided States of America、という気がしてきて仕方がない。