新着Pick
201Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なぜ「皆がテレワークするのが善」という前提で調査や記事を展開するのか、それをやりたくてもできない職種の人達のことを考えたことはないのか。もうコロナから10か月が経とうとしている中でそういう認識も必要かと思います。
コロナで進んだテレワークがコロナ後にどこまで高止まりするかがDXの進度を占うだろう。だが4月の35%から24%に落ちたというデータは、やはり日本はDXの機運が乏しく、平成のデジタル敗戦に戻る意識が表れていると思う。特に学校の後戻りが顕著というのにため息。

昨日の日経に、7〜9月の企業業績で中国・アジアが増益となったのに対し、米国は5%減、そして日本と欧州が3割減とあった。
コロナが深刻な欧米に対し、ロックダウンもなく死者も少ない日本が中国・アジアにここまで引き離されているのはなぜだろう。
日本はコロナをうまく切り抜けたとしても、そのぶん安心して、DXによる変化を望まず、さらなる没落に向かうのではないかという気がしてきました。
これは8月末の調査結果なので、現状ではさらにテレワークは少なくなっている可能性が高いですね。

弊所の毎月の調査では、「できるだけテレワーク(在宅勤務)をするようにしている」という人は8月34.6%→10月26.5%になっています。東名阪での実施。
https://seikatsusoken.jp/newsrelease/16260/

Googleの直近データでは職場は平時の-8%、東京で-18%となっています。
https://www.gstatic.com/covid19/mobility/2020-10-30_JP_Mobility_Report_ja.pdf
テレワークに向いてる職場とそうではない職場で分けて考える必要がありますね。私はコロナ前から変わらず、ほとんど出社せずとも仕事がまわっています。
「教育・学校法人」「金融・保険業」というような業種は、緊急避難的にテレワークを使っていたケースが多いので、低下するのはやむを得ないでしょう。

とはいえ、日立のようにコロナ禍を機に「原則在宅勤務」を打ち出した企業もあるので、テレワーク、在宅勤務の比率はじわりじわりと上がっていくような気がします。

オフィスコストを従業員に転嫁させて固定費を削減する。

これは企業としては魅力的な誘惑でしょう。
テレワークの許可/推奨が24%に。8月調査でこれなら今はもう10%台でしょうか。弊社は許可していて出社もOKとフレキシブルにしていますが、曜日ごとにオフィスの雰囲気は違い、出社率は5%から、高くとも30%といったところでしょうか。
これはテレワークの話ではなく、大きな変化をきっかけに、事業や仕事のやり方を見直したり、検討したりは、しなくてもいいだろう、ということかなと認識しています。

ただ、コロナウイルス感染対策という前代未聞とも言える事態に対しても、根本的な事に目を向けていない、とも言えるかもしれません。

もしそうならば、【自分は、会社は、常にどうあるべきか。どう変えるべきか。】と問うことになるので、むしろ大変なように思います。

劇的に変えるのか、常に変え続けるのか。

テクノロジーも社会も個人の生活も嗜好も、もの凄いスピードで変わっていく時代、変化し続ける方がラクです。

でも、コロナウイルスでもテレワークほか働き方を元に戻した、となると、【変わるハードル】がますます上がったのでは、と感じます。
IT・通信・インターネット関連の業種は約7割でテレワーク実施中とのことなので、地域・業種・職種による差が本当に大きいな…と改めて思います。
あくまでテレワークは社内感染拡大の防止が主目的であったという企業も少なくなかったということでしょう。
肌感覚としては、3月調査時(14%)の水準あたりまで低下していそう

業績

関連記事一覧
Q. 2020年Q1のアメリカSaaS上場企業の上位10%の成績とは?
決算が読めるようになるノート
142Picks

LINE公式アカウントに無料で通話ができる「LINEコール」機能の概要と設定方法
LINE for Business
8Picks

LINE上で動く「ミニアプリ」、登録受け付けスタート 注文アプリなどLINE内に集約
ITmedia NEWS
7Picks

2500万人が回答! 新型コロナ「LINE全国調査」はたった1週間で作られた プロジェクトを立ち上げた“銀髪の慶應教授”に聞く - 「文藝春秋」編集部 - 文春オンライン
BLOGOS - 最新記事
5Picks

マイナポイントの認知度は約9割、マイナンバーカードの所持率は約3割
BCN+R
4Picks

【LINEリサーチ】10代が使っている流行語トップ3は「それなー」「詰んだ」「陽キャ/陰キャ」 年代別の印象的だった過去の流行語は「卍」「マジ卍」「チョベリバ」「ナ...
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
4Picks

新機能「LINEミーティング」、指定のURLからグループビデオ通話に参加可能
マッシュメディア
3Picks

LINEモバイル、月額料金の20%分を「LINEポイント」で最大6カ月還元キャンペーン
ITmedia Mobile
3Picks

新社会人が「がんばりたいこと」ランキング 3位は「収入・資産を増やす」、2位は「貯金」、1位は?
ITmedia ビジネスオンライン
3Picks

Q. 上方修正を出したマクアケの売上に最も大きく貢献するKPIとは?
決算が読めるようになるノート
3Picks