新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中島さんの熱量たっぷりの取材で、ここまでに至る自身の背景を深ーく掘り下げていただきました。まだまだ道の途中ですが、突破する力の原点を忘れずに、未来に向かって行こうと思います。
「絶対に海外に出ない」と言われた台湾の春水堂を日本に引っ張ってきた関谷有三さんに談判してチームに加わった木川瑞季さん、もとはマッキンゼーの経営コンサルタント。給料が3分の1になっても「愛する春水堂を日本で広げる仕事は、ほかの人にさせたくなかった。私にしかできない」という熱い思い、「思い込みというか、思い上がりというか」は本人の弁。タピオカブームの最中にも「ブームが去った後に、何をしてきたかが問われる」と冷静さを失いませんでした。朝日新聞で中小企業を専門にする編集委員の中島隆さんが書いた「突破する力」。
申し訳ありませんが、文章の構成があまりにヘタクソ。春水堂の食事の写真もありますが、文章に食事の記述は一文だけ。仕掛け人の今というより、仕掛け人の過去という内容の記事。色々事情はあるんでしょうが。記事の続編があるのか?

せっかくなので、NP でもう一度特集を組んでもらいたい。タピオカ自体は日本でも北米でも流行った事のことある商品で、商品力はあります。

それがなぜブームが継続しないのか、なぜなくなるチェーンと残るチェーンがあるのか、フードは必要なのか、サイズは適正なのか、適正な家賃の場所に出店していたのか。

切り口っていろいろあります。これをもう少し深堀してほしい。商材が良いチェーンがうまくいかない理由は、ビジネスモデルに問題があるのかもしれない。

自宅を掃除したくなる気持ちはわかりますが、記事が掃除をしている場面で終わってどうする。私の履歴書じゃないから未来が聞きたい。
以前にNewsPicksに掲載された木川さんのご自身の「転職」に関する記事がとても面白かったんです。とにかくダイナミックでパッションに溢れている。そして「好きなところ(分野)の周辺をウロウロする」というキャリア観もユニーク。会いたいなーと思っていたら、間も無く直接お会いできる機会を得たのですが、実際の木川さんは更にエネルギッシュで、それで居てチャーミング。お互いの同伴者そっちのけで喋くりまくっていたことを覚えていますw

まだまだ決して楽観できない業界の状況だと思いますが、現場・本社の垣根無く「ウロウロ」している木川さんのこと、不安に陥るヒマも無く「突破」されているのではないでしょうか。
春水堂はランチ利用もできて、「タピオカ屋」という感じではありません。
タピオカブームとは関係なく、定着している印象です。
海外に行けないいま、なおさらお店に行きたくなります。
プロピッカーも務めていただいている木川さん。タピオカブームというかコロナで飲食店の苦境の声が聞こえる中、それでも諦めない姿勢に感動しました...元気をもらえたのでpick