新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オーストリアは近年大きなテロが起こっていない国でした。
当局の掃討作戦によりパリやベルギーの同時テロなどを引き起こした欧州の過激派ネットワークは弱体化し、組織的な大規模テロは減りました。最近欧州で続いているのは当局が事前に動きを察知しにくいローンウルフ型、あるいは極めて小規模なグループとみられます。
9月以降にテロが頻発しているフランスの動きと関係があるのでしょうか。連鎖への警戒が必要でしょう。
ウィーンは、翌日からロックダウンに入る予定で、夜間の外出はできなくなりますから、明らかにそうなる前に起こされた犯行ですね。ウィーンでも他のヨーロッパの都市同様、ロックダウン前最後の夜は、街中の人出が増えていました。

・市内6か所で、複数の犯人による銃撃。
・銃撃が始まったのはユダヤ教の礼拝が行われていたウィーン最大のシナゴーグであった。
・少なくとも2名が死亡、15人が負傷。
・犯人は1名が警察に射殺されたが、残りは逃走中。
Google mapをみると現場が示されています。

ウィーンに行かれたことある方なら1447年に設立されたオーストリアのウィーンで最も古いレストラン、Griechenbeislの近くでドナウ川の支流近くと聞いたらピンと来るかも。

Griechenbeisl
https://www.griechenbeisl.at/ja/home_jp/
フランスで預言者ムハンマドの風刺画問題が再燃して以来、立て続けにテロが発生しておりますが、アルカイダやイスラム国(IS)がこの機会にテロ攻撃を呼びかけていることも関係しているのかもしれません。コロナ禍による不況や社会不安の増大で基本的にテロのリスクは上がっていますので注意が必要です。
 ウィーンでは6か所で事件が発生し、複数の自動小銃で武装したテロリストがいるようですが、この情報が正しいとすればかなり組織的なテロである可能性があります。
 組織的なテロである場合、実行犯以外にも支援部隊がおり、警察は実行犯に対処した後も支援部隊の隠れ家などを急襲しそこで銃撃戦が起きるなどということも考えられます。
 いずれにしても現地におられる方は、最新情報の入手につとめ、事件の詳細が判明するまで外出を控え慎重に行動してほしいと思います。
>市内の6か所で銃撃などがあり

こうなると、テロの可能性が極めて高いです。

一般市民を犠牲にする卑劣なテロは本当に許せません!

犠牲者の方々のご冥福と回復を心からお祈りします。
テロリストの行動とイスラムの過激派のヒステリーを風刺画のせいにしているすべての人が、今日の事件を見て、政治的なイスラム過激派の現実を詳しく調べてほしいんです。いつまでも風刺画という言い訳のせいにして現実を片付けることができません。
オーストリアでテロ?
俄には信じ難いニュースです。
観光立国でもあるオーストリアは、実は反政府グループに対する締付けが厳しいと聞いていました。

最近では、コロナ蔓延の閉塞感がバランスを崩しているヨーロッパだと感じます。
先入観を持たないで続報を待ちたいです。
【国際】シュテファン大聖堂の近くって、2015年にウィーンを旅行した時に泊まったあたりだ。シナゴーグへの銃撃ということになると反ユダヤ主義者のテロと認定されて、けっこう大事になりそうだな…。
ウィーンで発砲とは、平和なイメージであったのでびっくりです。
詳細を知りたいですね。
オーストリアの首都ウィーン中心部で発砲があり、数人が負傷したとのこと。襲撃犯1人が「死亡」し、もう1人が「逃走中」だそうで心配
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア