新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドローンを離島物流に使うのは各社が考えていることですが、通常の航空機と同じく、ドローンも将来的には好き勝手にどこでも飛べるわけではなくなります。特に物理などで使うそこそこ大きいやつは。

ドローン用航空路をどの程度整備するかや、空中での衝突を回避する管制をどうするかも、そろそろ具体的にまとめていく段階が来ていると思います。2022年度実用化とあるので、将来を見据えた運航環境の整備にも関心を持つべき時期だと感じます。
サービス会社とメーカーの組み合わせ
佐川急便 → イームズロボティクス
日本郵便,楽天 → 自律制御システム研究所
ヤマト運輸 → ベル・ヘリコプター
西濃運輸 → エアロセンス
ついにきましたね。EC配送とドローンの相性は良いと思います。大手の佐川が本格参入したことで、一気に実用化に向けてドライブがかかると期待しています。

(課題→制度改正)
・佐川急便はこの制度改正を踏まえ、島根や香川、福井などの山間部を中心にドローン輸送を始める
・山間部や島しょは住宅地が広範囲に点在し、配送効率の向上には限界があった

(市街地での人手不足を過疎地の効率化で解消)
・新型コロナウイルスの感染拡大で電子商取引(EC)関連の輸送が急増している。市街地で輸送人員の不足感が強まっており、こうした傾向は当面続くと判断
・ドローンを活用して過疎地での輸送の担い手を市街地に振り向け、輸送能力の確保につなげる。軌道に乗れば配送する区域を順次広げる

(実用化へのステップ)
・実用化を見据え、20年12月~21年1月にかけ、島根県美郷町と香川県土庄町、福井県越前町の山間部で実証実験を行う
・全地球測位システム(GPS)で配達ポイントを指定し、佐川急便の東京本社からドローンを遠隔操作する。現地のスタッフから目視できる範囲外のエリアまで最長で20キロほど飛行する。

(活用するドローン→これは順次拡大するでしょう)
・産業用ドローンのイームズロボティクス(福島市)製の機体を利用する
・輸送するのは重さ2キロ以下で、需要が最も多い段ボール箱の3辺合計が60センチ以下の貨物だ

今回は輸送範囲の拡大をにらみ、各エリアで出発地を含めドローンは3カ所を経由させる。従来の実験では特定拠点の往復にとどまっていた。対応可能な重量は段階的に引き上げを検討する。
今年12月から実証実験し、島根・香川・福井などの山間部を中心に進めるとの事。上手く進み、かつインフラもそれに適応して変わっていくのに期待したいです。
密度が低く、Point to Pointの効率が悪いところではドローンは有効。ただそうではないところはエネルギー効率が悪い(飛行は基本的に効率が悪い)。一種のモーダルミックスで、メインにはならない領域。
この記事によると「横」への輸送(距離的に離れた場所への輸送)が想定されているようですが、私は個人的に「縦」への輸送(例えば、マンションの下から各部屋のベランダに届ける、とか、オフィスビル内で各テナントに配って回る、等)が先かと思っていました。

いずれにしても、各社各様の取り組みがありそうですので、どんな未来が訪れるのか楽しみに待ちたいと思います。
2年後。地方ではぜひやるべき。「荷物の量に比べ配送区域が広い過疎地を抱える島根など3県で導入する。20年12月から小型荷物を携行した実証実験を行う。国内の人手不足に対応する。」
気象条件(強風・降水)など、ドローン運行の障害となる要素に関するビジネスも活発化しそうですね。それと共に、ドローン運行中に荷物を破損・紛失、またはドローン自体が墜落した場合などの保障を行う新しい損害保険も登場すると考えられ、多くの業界に影響を及ぼしそうです。
物流ドローンは大いに期待したいです!

2種大型免許保持者の不足に加え、山間部や過疎地域医療薬剤など供給など、現行課題が多いところへの打ち手として、今後必ずや大きなチカラを発揮すると思います!

今回、大手の佐川が成功することで、方向性を示すはずです。今後に注視!
まだまだ先の話なのだろうが、オートロックのマンションにはどんな感じで届けてくれるのか気になります