新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ある程度の学力があってのAO・推薦という前提になっているはずですが、現状そうではない状況も散見される、と。一人一台デバイスが整備され、個別習熟度別学習が定着し、偏差値という軸が薄まれば、AOは増加するものと
個人的には考えています。
AOや推薦入試で入学する学生と一般入試の学生の学力の違いが心配だと背景があるという事ですが、その様な状況になってしまうには高校や大学の授業自体にも課題があるのでは無いでしょうか?例えば、この様なことも見直されるべきかと。

1) AOでの選考方法において、人物像の見極めが甘い (高校での成績や小論文だけでなく、その人の学ぶ力について精査がどこまでされているのか?)
2) 高校での学業成果が大学で活躍できる学力に紐づいていない
3) 大学のカリキュラム自体が、テストで最大限の力を出せる学生にむいた内容になっていないのか?

そもそも一般受験で良い大学を卒業している学生で、入社後にイノベーター人材として活躍してくれる人が少ないという事実がある時点で、従来型の学力に依る受験に戻ってしまうのは心配ですよね。

深い学び時代のアセスメントについてより本質的な研究や議論が今後盛り上がる事を期待したいです。
バランスが重要ですね。米国の入学審査の場合は40%が学力(SAT/ACT等の大学進学適正試験、学校の成績、TOEFL等の語学試験)で判断され、残りの60%が課外活動や小論文、推薦状で判断されます。

ある一定程度学力がAO入試で評価されること自体は問題ない事ですね。大学は学ぶところですし。

ただ、日本の場合はAO入試で長年課題になっているのが、入学審査官の学生を評価する能力についてかと。以前、某大学のAO入試の担当者と話をしたことがあるが、結局「小論文」を評価していて、出願者を包括的に評価できていないと言っていました。

学力試験を課すことで選考プロセスは少し楽になりますが、引き続き入学審査官は(セルフ)リーダーシップを発揮してきた受験生を評価できる能力開発に取り組まれる事を期待します。
だからといって、一般入試組の方が社会に出て仕事で使えるかというと、そうでもないです。
逆にアピールのうまいAO入試組の方が活躍したりすることもよくあります。
AO入試の面接や小論文などの方が大学から社会に出だ時に必要なスキルでもあるのでそれを基準とするのは方向性として賛成です。
面接官や添削者にも外部の人を入れるなど工夫が必要かもしれませんね。
大学が学力試験を課さないことで、学生の勉強意欲や学力に影響がないとは言えないでしょうが、それで平均的にみて高校生の基礎学力への悪影響が大きいなら、それは高校における教育自体に問題があることになるだろう。
高校で学力がしっかりと担保されていて、志望動機などが明確な生徒であれば、本来は推薦入試で合格して何ら衝撃ではないはずです。
安易な学生確保に手段として、学力も動機も怪しい生徒を合格させていたことが問題です。

「大学」が「学校」と異なるのは、「校」に含まれる絞める意味がないからです。だからこそ、学ぶ動機が重要なところなので、志望動機を問うAO・推薦入試の方が本来あるべき姿に近いです。
適切に運用されれば、一般入試よりも望ましい形態だと考えます。
AO入試は学力試験を「課さない」のではなく「課せない」ものであり、この前提を外して記事化されるのには疑問があります。(或いは理解していて、この書き方ならより深刻です)

大学入学者選抜実施要項には、以下の表記があります。

「令和3年度大学入学者選抜実施要項」
各大学で実施する一般選抜及び専門学科・総合学科卒業生選抜における学力検査の期日並びに総合型選抜及び学校推薦型選抜において学力検査を課す場合の期日については,次により適宜定める。
(1) 試 験 期 日 令和3年2月1日から3月25日までの間
なお,「見直しに係る予告」で示した小論文等,プレゼンテーション,口頭試問,実技等の評価方法については,令和3年2月1日よりも前から実施することができるが,高等学校教育に対する影響や入学志願者に対する負担に十分配慮する。

このように2月1日以前に学力試験を課してはならないとされています。AO入試の実施には、大学側にも書類審査や小論文審査等、多くの負担がかかりますから2月1日以降の一般入試と同時期に実施することは実質的に不可能であり、結果学力試験を課すことはできない構造になっています。

そのため、これまで学力試験ではない形で学力を測る工夫をしてきているわけです。一方であえてこの仕組みを使い、実質学力を問わない方法で選抜している大学もありますが、上位大学においては出来ることであれば学力試験を課したいと考えている大学が大勢でしょう。だからこそ当初の入試改革で共通テストを複数回実施にして、AOでも使えるようにしようという構想がなされていたわけです。

また、この記事のようにAO推薦入試による入学者が学力不足でミスマッチを生じさせていると一方的に論じることには大きな疑問があります。実際には一般入試においてもミスマッチは生じており、入学後にあまり勉強しなかったという心当たりのある人も多いのではないでしょうか。

そもそも企業の新卒採用で、エントリーシートも面接もなくSPIの点数の上位順で採用している企業がどれほどあるでしょうか。本来的なマッチングを考えるならば点数だけで測るべきではなく、それらを一つの指標としながらも複合的な観点から入学者を選抜する方が自然であり世界的にもスタンダードです。『過半数が「AO・推薦入試」利用の衝撃』とすること自体に違和感があります。
本学はAO入試はないのですが、推薦入試はあります。
入学時に学力差はありますが(もちろん一般入試組が高い)、研究室配属時の思考力などは一般入試学生よりも推薦入試組が高いという結果もとあるアセスメントで出ました。

何を持って入試で選抜するのかは、その大学のアドミッションポリシーに関わりますが、学力よりもっと広範な思考力、行動力を世の中は求めてるのではないでしょうか。
子供の数が減ってきているからこうなっちゃうんだと思うんですが。

AOの方がメジャーになってしまえば、その中での競争になるのでまあいいですけど。

若い頃に人生一発勝負をする経験というのは悪くないとは思うんですよね。

SFCのAOの人などと話していると、そういう経験がないことからくる「ふわっと感」を感じることがあります。自分がそこにいることに対する寄って立つものの所在なさ。

AOであることが逆にコンプレックスになって心を病んでしまった友人もいました。大人の事情というのは罪深いですね。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン