新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
開発を絞り込んで,一方では型式証明取得の作業は続けるとのこと(「凍結」の定義が?).型式取得は止められない.旅客機の型式証明をとる経験を積むことは,三菱にとっても,国にも絶対に必要.たとえ,三菱が倒れても.倒れないと思うけど.
三菱重工はカナダのボンバルディアを買収したが,ボンバルディアCRJシリーズほどの小型機は今後,需要の戻りが早いと思われる.そのMRO(Maintenance, Repair and Overhaul)が期待できる.最終的には三菱重工のリージョナルジェット事業は(元)ボンバルディアのほうに寄せていくのかなとも思う.
あと,注視すべきは米国のScope clauseの動向.エアラインは生き残りにギリギリの中でこの条項を見直してくる可能性がある.その兆候はないか注視している.そうなると,リージョナルジェットの状況が変わってくる.
何で出来ないんだろう。
歴史はある。それが無いホンダジェットは既に飛んでいる。中国の商用機の開発も順調だ。技術以外のところに原因を求めざるを得ないだろう。
国内の才能だけで開発をしていたのかどうかわかりませんが、"1兆円規模を投じた約半世紀ぶりの国産機開発"がノウハウや経験で頓挫するというのは、そこまでの危機管理がどうなっていたのかと疑問に感じざるを得ないですね。
スペースジェット事業「凍結」とのニュースが出ていましたが詳細が正式に発表されています。三菱重工の中間連結決算が発表、純利益は570億円の赤字となっています

三菱重工のリリースはこちら
https://www.mhi.com/jp/finance/library/result/pdf/fy20202q/kessan_tansin.pdf


三菱国産ジェット事業凍結へ 開発費巨額に、コロナで需要消滅(共同通信、10月22日)
https://newspicks.com/news/5327078
需要が減るならむしろ小型の方が適しているんじゃないかと思うのは素人だからでしょうか。日本の空を飛ぶ姿が見たかったです。
スペースジェットの損失分を繰り延べ税金資産にしてますし、今後業績悪化は絶対に避けないとなんですよね。

https://this.kiji.is/632483352349312097?c=113147194022725109
野球では振り逃げや送球ミスで生きたランナーは得点に至る確率が高いと言われますが(事実かどうかは不明)この件で神風に救われた人が後々に出世して日経の私の履歴書とかに「あの時は大変だった」程度にさらっと振り返って怨嗟を掻き立てる未来がチラッとよぎります。
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
時価総額
3.55 兆円

業績

業績

三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英語: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。川崎重工業(KHI)とIHIと共に三大重工業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
1.08 兆円

業績