新着Pick
376Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上場おめでとうございます!!
改めて自分の投稿を見直すと、2013年初からだったので、グラフを見る限り、まあまあ初期のユーザーということになりますね
もともと食べるのが好きだったので、お気に入りの飲食店をどう記録するかということで、自分の携帯の電話帳に、「赤坂」とか「渋谷」とかのグループを作って電話番号を入れていました
そんな中で、これがあれば自分のデータベースになる!と思ってはじめたのがきっかけ。食べログに書くのはやはり気がひけること、行きたい店にピン止めする機能がありWishリストとして有用だったこと(その後食べログも追随しましたが)、それを地図で一覧できる便利さに感動した記憶があります。そこから再訪したい店だけ記録に残し続けて1000軒を超えました
当時はサービスが立ち上がらなくて無くなったら困るなあ、と思っていましたがここまでくればその心配もないですね。好きなお店リストは一生ものの自分の宝。今後も頑張ってください!
足元でのGo to イートのオンライン予約だと、Rettyは手数料が発生せずにロイヤリティ高く自社集客できる企業は助かっています。今回増えたアカウントへの今後の単価アップの引き出しなども楽しみです。
内容が詰まったすばらしいインタビュー。創業、現在、上場、未来と色々と触れたいことはあるが、個人的には(あまり知らなかった)創業に至る経緯のストーリーが非常に印象的でした。

創業者のメンタリティは、あらゆる起業を考える方に必読だなと感じました。以下、私が気になったコメントをピックアップしておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「以前ソフトバンク創業者の孫正義さんが『どの山を登るかで人生の半分が決まる』といった趣旨の発言をされていて、それが心に残っていました。実際にECでも何を売るかで売上規模が全然違っていたし、広告事業でもどの業界とビジネスをするかによって大きく結果が変わっていた。過去の経験を踏まえても、『どれだけ頑張るか』以前に『どこで頑張るか』が重要だと感じていたんです」

「やっぱりスマホの登場が1番大きくて。先行するサービスはPCから200〜300字ほどのちゃんとしたクチコミを、ブログの延長で書くような構造だと捉えていました。そこにスマホが普及するとどうなるか。誰でも簡単に発信ができるようになり『発信者が爆発的に増える』と思ったんです。飲食の領域でも必ずスマホを通じて大量のコンテンツが生み出されるようになる。だったらその体験にフォーカスしたSNSを作ろうと。また現地でFacebookが広がる様子を見て、これからは『誰が言ったか』がより重要になると感じていたので、それらの要素を掛け合わせながら整理した結果、Rettyに行き着きました」

「不思議だけど根拠のない自信があって、絶対いけるとしか思わなかったです」

「スマホ×ソーシャルは「2度と来ない程のビッグチャンスになる」と確信していた」

「投稿側の体験に絞ってプロダクトを作り続けたこと」
武田さん、おめでとうございます!

読者のみなさん、挑戦をdiscourageするわけではないですが、このようなサクセスストーリーの影には、「絶対いける」と思って結局うまくいかなかった人が大勢います。

これまで何度もNPに書いてきましたが、おおよそあらゆる成功も失敗も実力半分、運も半分。しかるに成功した人は全てが自分の努力と先見性だったように言うし、失敗した人は全てを運のせいにするものです。

もちろん成功者から学べることは多い。でも成功者の話ばかりを読んでいると情報にバイアスがかかる。Wikipediaの「生存者バイアス」を読んでみてください。
諦めずに継続する力の大事さ。武田さんおめでとうございます!
上場おめでとうございます。
素晴らしいインタビュー。初値も募集価格に対して36%アップとナイスプライシング。
凄い良かった
これまでの苦労や頑張りも知ってるので自分の事より嬉しい😂
「事業の成長が鈍化するとともに社内の雰囲気も次第に悪くなる」これはよくわかる。そこを耐えて、さらに足元のコロナ禍の飲食業界の環境変化の中で、成長していく姿勢からは元気をいただく思いがします。「食」は日本の国際競争力の圧倒的な源泉。期待したい!
CTOの樽石さんが本学卒業生で、ベンチャー関連の講義に出られていて聴講させてもらったのが、5,6年前だと思う。それ以前からサービスは知っていて、食べログもある中、どうなんだ?と思っていたのは確か。上場まで行ったということで、成功譚がまた一つ。
根拠のない自身と言われているが、これを裏付けるための世界を視野に入れた上での行動をとってきていることが、自信を裏付けているのではないだろうか?BB抽選は落選したが、利用者として今後の成長を見ていきたい