新着Pick
1585Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
例えば緒方洪庵の適塾で育った人たちはどんな読書をしていたのでしょうか。今ほど本が溢れていたわけではありません。多分同じ本を何回も読んでは考え、考えては読んでいたと思います。そして意見を述べあっていた。この適塾から福沢諭吉や大村益次郎など明治の改革をした人たちが巣立っています。

福沢諭吉は当時を思い出して「目が覚めれば本を読むという暮らしだから、適塾にいる間、枕というものをしたことがない」と。読んだ本の数ではなく、良書を見つけて繰り返し読み、理解することが大切ですね。
読書を一風変わって人工知能と絡めて考察してみます。

人は当たり前ですが自分が経験したことしか「自分の骨肉となる経験」にできません。

いまの人工知能技術がよく「(私は懐疑的ですが)人の能力を上回った」と言われる一番の理由は、多くの経験がデジタル化され、世界中の経験が1台のマシンに集約することができたからだと思っています。例えば医療AIや判例AI、自動運転などが典型例です。

人間の話に戻りますが、人が自分自身以外の人の経験を取り入れる方法にはいくつかあり、その1つが読書。人が多くの時間をかけて形式知化したものをまとめたのが書籍ですからね。

ただ、私自身は最近はNPの影響でビジネス書も多く読むようになってきたものの、昔は小説が多かったです。発想力や、リアルにイメージを想起させる言語の芸術にいつもワクワクします。
今まで本とは大体3つの付き合いをしてきました。

1。古典的戦略本、理論書:
ー 線引き、マーカー、書き込みで徹底的に使い倒す。
ー 読み返しても面白いと思う物だけ残す。二度目以降は自分の書き込みが発想を刺激する。
ー 真実は普遍。古い古典書でも、核心をついているものは十分ためになる。

2。企業実録物、伝記:
ー 自己体験で知ろうとすれば、何年もかかるものが少額で手に入るのは貴重。
ー 発送を豊かにするには、脳にある「情報の引き出し」の数が重要なので、それを増やす作業。
ー 時々「宣伝本」もあるので、そこは慎重に選ぶ。

3。大人の童話:
ー 小説やエッセイなど、自分が考えさせられるもの、ホンワカするものに出会う。
ー 時々疲れた時に読み返してみる。
ー 「本に馴染む」ためにも、こういう本は重要。

共通していえる「好きな本」の共通点は;
何度も読み返せるもの、
「なるほど」と思えて、線引きや自分の考えを書き込みたくなるもの(1と2のケース)。
この2点が今でも守っている基準です。
分からなくもないし、自分も方法論はあるが、まず読書・情報インプットが好きとか楽しいというのが重要だと思う。人間の脳は、好き・楽しいものでない限りは、あまり効率的に習得できない。

自分は基本的には乱読。乱読の中で、記事のようにビジネス・非ビジネス、基礎・応用・個別具体くらいで考えている。
そのなかで、ビジネス基礎と応用は、乱読の中で見つけた良書が「永久図書」入り。何回も読んだり、使ってみたり、スライドなどに落とし込んだりして、使えるようにする。それ以外は、乱読して良いポイントがあれば必要であれば思い出すだろうくらいのスタンス(想起できなければ自分のその時点での解像度ではそのレベルだったというもの)。個別具体は、現実はフレームワーク通りにはいかない。だから山ほどのサンプルで想像力(妄想力)を養うことが世界の理解のためには重要だと思っていて、自分が深堀していくときには経営者や開発者・研究者の本など、歴史や意思決定を含む本を読む。その蓄積が業界全体の常識を何となく理解するのに外部者としては必要だと思っている。ただいずれも必要だから読んでいるというより、単純にそれで自分が世の中を理解出来たり、理解するためのツールを身につけられるのが楽しいから。ただ理解できるようになることは、個人的には本当に本当に楽しいことだと思っているし、その楽しさは広く伝えたいもの(変わっているという自覚はありますw)。
非ビジネスは単純に自分が好きだから。乱読主義なので、あまり細かく覚えていないし、ラノベ含めてエンタメ中心。
『戦略読書〔増補版〕』著者の三谷です。いっぱいコメントいただいて嬉しいです。読書好きっていっぱいいるなと楽しくなります。
私は普段から、自分の枠を拡げることを意識していますが、それは実は、自分の固定観念が存外強いと感じているからです。
なのでときどき、自分を強制的に拡げるための本を読んだりします。この『戦略読書〔増補版〕』でも紹介しなかったその本の名は、『BRUTUS No.907 [危険な読書2020]』。久しぶりに自分の狭さを痛感させられました。

ブックファースト新宿店で行われる恒例の「名著百選」フェアでも入手できると思います。
期間:2020年11月14日(土)~12月31日(木)
場所:新宿店Aゾーン特設コーナー
規模:推薦者150名 150タイトル(予定)

これからもみなさんの読書ライフが豊かなものでありますように。
社会人になった際に、推薦書や歴史の本を読むように指示された記憶はあるが、どのように本を読むかについては教ったことはない…。膨大な量の書籍を読む時間を十分に確保することも簡単ではないし、単に読んだという事実が残るだけでは時間を投資した意味がない…。筆者が言われる通り、本は、自身の視座を変えてくれる。そのために、我流の"読む"を見直しても良いと思う。自身の仕事に関連する書籍を読む場合は、筆者と同意で、自身が思ってもいなかった内容や一般的に知られている内容とは異なる"反常識"を見つけることは大事だと思う。これまでの常識を覆すような大きな変化・事象を探す。自身が疑問に思ったことは、「一段深く」考えて調べてみる。その件について知っていそうな人に質問して、自身の考えとの差がどこにあるのかを探求するだけでも知識に幅が出てくると思う。そして、忘れてはならないのが、得られた知識を少し「抽象化」して考えてみることだ。記事に出てきた事例や情報をそのまま記憶するのではなく、それらを統合して抽象化する。自身が過去に経験したことにトレースして更に知識を深めてみる。これらを繰り返し、"自分の言葉"で説明できるように消化する。本の受け売りの"知識"を"知恵"に変換することを心掛けたいですね…。
読んだあとにアウトプットするかが重要なポイントかと。
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。
株式会社日経BP(にっけいビーピー)は、株式会社日本経済新聞社(日経)の子会社で、出版社である。日経BP社などと表記される。 ウィキペディア