新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事に書かれていることが本当か否かは、対象地域の不動産価格をみてみればわかります。

ベイエリアでも、テレワークの普及により、土地の価値に変化が生じたことで、アパート代が上がる地域もあれば、下がる地域もあります。

もともと、ベイエリアの不動産費用は「法外」なので、これまで我慢して、それを支払ってきた人たちの中で、今回、「もう郊外に行こう」と思う人たちは日本よりは多いと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ベイエリアの郊外の家を賃貸に出してますが、夏にテナント入れ替えた時に管理会社が家賃3%上げてましたね。ウチはSF市内はまだしも、シリコンバレーへの通勤には不便だからテック関係の人は周囲にあまりいなかったけど、今回のテナントはGoogleの社員。
米国では人口が少なく安価な地域での在宅勤務を選ぶ人が増える中、主要都市から郊外に移る人が増加する見込みとのこと。在宅勤務が可能であったりお給料減ったりすればこうなるますよね