新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
重要なのは水準ですから、是非ともヘッドラインだけではなく、コロナ前の何パーセントまで水準が戻ったかも報道してほしいものです。
新型コロナウイルス拡散のダメージからいち早く回復の兆しを見せている中国と米国の経済。日本の製造業はどうしたのかと思ったら、こんなニュースも。「トヨタ自動車が10月29日発表した9月の世界生産は、前年同月比11.7%増の84万1915台だった。世界販売とともに9カ月ぶりに前年実績を上回り、9月としては過去最高となった。新型コロナウイルス流行による販売の落ち込みからの回復が鮮明となった」。
落ちた分だけ上がる分も多いという形。ただ、景況感は数か月前のものを持って選挙に突入するのが一般的(それを変えようというのが今のトランプ氏の様々なメッセージ)
瞬間的な成長率よりも、コロナ前の水準と比べてどけだけ戻したかに注目すべきだと思います。コロナ前の経済活動水準に回復するのに、あと1年以上かかると言われているので…
最大の落ち込みの後は、反動もあるはずですし、これからの回復基調が確実かどうか?しばらく様子を見ないとなんとも言えないと思います。

戦後最悪の落ち込みだった4~6月期の反動もあり、伸び幅は比較可能な1947年以降で最大になる公算が大きい。

アメリカだけでなく、日本もですが…