新着Pick
253Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の金利が高かったころ、企業年金の中には予定利率8パーセントなんていうものもありました。特に調べていませんが、20年数年前には、まだ、3%くらいの年金もあったはず。一定の元本が何パーセントで運用できるか、ということを予想して年金額を決めるのが「予定利率」ですから、「1.25%から1ポイント下げて0.25%にする方針」ということは、1千万円の元本について年間125千円払うとしていた利息部分を僅か25千円にするということで、年金額としては大違い。ある時点から予定利率が下がっても、既に支給額が決まった確定給付年金は、多くの場合、年金額が下がりません。保険会社の予定利率が下がれば使っているところの年金に当然その影響が及びます。日本の低金利が長引いて、年金を後から受け始める若い人ほど不利ということが、こんなところでも起きている (@_@。
金利0.25%での運用なんて馬鹿げすぎてる。自分で米国株のETFをiDeCoとNISAで積み立てるのがよほど良い。ちなみに、1973年から2018年のS&P500の利回りは年平均で7.1%。複利だと30年間で資産が8倍になる。低成長、低金利の日本に投資をするメリットが全く理解できない。国民の金融リテラシーを上げていくことは、高齢化社会の福祉を回すために必須
この超低金利の環境下で19年も引き下げしてこなかったとは。これだけ予定利率を下げれば、無理な運用をする必要はないか。
生命保険大手の「第一生命」が、来年10月から「企業年金」を運用する際の利率を19年ぶりに引き下げる方針を固めました。
これは結構なダメージ

>1.25%から1ポイント下げて0.25%にする方針
「企業によっては従業員の年金の受け取り額を引き下げる対応などが必要になる可能性もあります」

予定利率引き下げで年金財政の再計算となり、過去勤務債務が増えると、原則として企業がその分を積み増します。多くの上場企業はキャッシュリッチですから、対応できるでしょう。

その対応が厳しい企業は、従業員との間で確定給付の水準の引き下げ交渉となります。風評リスクもあり、この方向に進む企業は限定的と思われます。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア
第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
1.96 兆円

業績