新着Pick
578Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
再度ロックダウンになりましたがこれは政府側の責任だけではなく国民ひとりひとりの意識の差にもあったと思います。
いま住んでいるリール(フランス北部の街)からの主観的な意見ですが少し書かせていただきます。

3月半ば... 1度目のロックダウン

6月... ロックダウン解除

7月ー8月 ...国境封鎖を解除しバカンス中に多くの観光客がヨーロッパで感染, コロナ第2波が流行し始める

9月... 学校の新学期が始まり歓迎会をはじめ多くの学生を中心にパーティーやイベントが開催される, コロナ第2波の流行が進行しcouvre feu(時間指定での外出禁止令)やロックダウンの提案が専門家会議で提案されるが流れる


10月後半... couvre feu が施行され(21時から6時までの外出禁止)、Barやクラブが閉まりレストランも夜の8時には閉店。多くの雇用者によるストライキが起こる

10月28日... 20時のマクロン大統領のスピーチにて再ロックダウンが発表される。

一連の大まかな流れは上記に書いたとおりですが、実際にその中で『テロ』や『フランス国家の民主主義が問われるムーブメント』など多くのことが同時に起こりました。

またフランスのテレビではよくある『コロナに対する医療対策』や『経済の回復のための議論』など様々な視点で専門家を招いて行われる討論会が多いですが、コアなポイントをついて議論をしているものは多いとは言えずdiscussion ではなくdisputation, debate のような答えを求めすぎて白黒を明白に決めるバトルをたくさん見ます。

『わたしにはなんでも言う権利がある』『わたしはなんでも書く権利がある』など権利や自由を争う討論は多いですが、その度につぐつぐ自由と秩序、権利と義務は常に隣り合わせにあるなと考えさせられます。

民主主義とはなにか?
自由とは何か?
権利とは何か?

“面白いこと”, “難しいこと”ではすまされないとこまで来たように思います。『答えを出すための争い、自由を求める論争』がこれからも増えるそう思います。
フランス在住者です。フランス、マクロン大統領がさきほど20時からの国民演説でロックダウンを発表しました。

・レストラン、バーや、日常生活に必要な店舗以外は全て閉鎖
・在宅勤務も、一部の職種を除き原則実施
・感染者数は現在の1日4〜5万人水準から5000人程度を目指す
・施行は今週の金曜から12月1日まで
・学校など教育機関は継続

現在も21〜6時以降は外出禁止となっていましたが、店舗は原則閉鎖など春先と同様の厳しい外出制限です。
一刻も早く落ち着くことを願うばかりです。
シンガポールは昨日感染者ゼロ、その前は1名、この1ヶ月ほどそのような推移ですが、いまだにマスク強制、全ての訪問場所でチェックイン必須、外食5名以内等を罰則付で徹底しています。申し訳無いですが、米、欧諸国でこうなるのはこの数カ月の濃密デモやらマスクをしない自由やらバカンスやら飲み食いやらの様子を見るだに分かり切っていた事、失望されてもどうなのだろうと、逆に言えば、そういうことをしていたら再ロックダウン必ずやります、と政府はやるならばもっと事前に十分に脅しておくべきだったのでは。ちなみにシンガポール政府はその手の脅しはお手の物です(苦笑
感染者数などのデータサイトは下記のようにいろいろあるんですが結局日経のこのサイトが1番見やすいかも。
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/

WHOサイトで新規感染者数の世界的な伸びが確認できます。アジアで落ち着きつつ、欧州で急激に伸びています。全世界で見るとどんどんと上昇している。
https://covid19.who.int/

Yahoo!のこちらのサイトの下部に日本語版があります。ちなみに日本は中国と同様、Western Pacificに分類されています。それにしても完全に欧米で流行している病気になってしまった。
https://hazard.yahoo.co.jp/article/20200207

一方でファイナンシャルタイムズの死者数の推移を見ると第一波のボリュームをまだ超えない水準に抑えられています。
https://www.ft.com/content/a2901ce8-5eb7-4633-b89c-cbdf5b386938
このWSJのチャートを見ると、今回のSecond Waveは春のFirst Waveと比にならないレベルのスピードで感染が拡大している事が良く分かります。
https://www.wsj.com/articles/france-emerges-as-covid-19-epicenter-as-cases-surge-across-europe-11603817793

ドイツも今春実施した全国的なロックダウン以来最も厳しい規制措置を導入
https://newspicks.com/news/5343796

一方で、感染者の増加に比して、死亡者数はそこまで増えていない。
https://www.cnn.com/2020/10/28/europe/coronavirus-death-rate-second-wave-lower-intl/index.html
バランスの問題というと語弊がありますが、今は感染対策にシフトするという戦略を採ったということになります。
10月30日発表の7ー9月期GDPは厳しい行動制限がしかれた4ー6月期の反動で高成長が予想されますが、10ー12月期は極めて厳しそうです。
ジグザグとした経済活動が続く中で、社会は着実に疲弊します。気がかりなことは、繰り返し言及していますが、社会の不安定化し、誰も言うことを聞かなくなる事態になることです。
このような状態になると、ヨーロッパ発のグローバルブランドは海外売上に依存せざろう得ない。また、日本発のグローバルブランドはヨーロッパでの売上は見込めない。

グローバル企業を取り巻く環境は厳しさをましてますね。
一方で日本市場に閉じたブランドは相対的に強いですね。

世界進出とは何かを考えさせられます。
下記で地域や国ごとの新規感染者数(7日移動平均)を見ると、欧州が再び指数関数的に増加。3月とは検査数などが違い、「感染者の質」は違うだろうが、3.5万人/日だったのが現在は20万人/日を超えてきた。なかでもフランスは一番多く4万人/日に届きそうで、英国2.2万人/日、イタリア1.9万人/日、スペイン1.8万人/日、ドイツ1.2万人/日。
アジアはここ1か月半ほどは減少傾向で、9月半ばのピークでは12.5万人/日ほどだったのが、いまは9万人/日、一番新規感染者数が多かったインドが減少しているのが大部分の要因に見える。北米は再度増加傾向になっていて9月半ばまでの5.5万人/日だったのが足元は7万人を超え、7月半ばのピークを越えてきている。
https://ourworldindata.org/coronavirus

死者数・致死率は遥かに下がっているが、一定遅行して上がる。あと上がり始めると医療逼迫となりリスクが高まる。それを防ぐためのロックダウンではあるが、一方で経済影響も増えてくる。3・4月のことを考えると、一定抑えるまでに時間がかかるなかで、また経済が止まる。
東欧のいくつかの国は5月のイタリアと同等の医療崩壊が起きており、もはや放置できない状況です。夏のバカンスの時期に統一EUの理念を重視しで国境封鎖を解除したことが原因です。当時は対応策として欧州共通の債券を発行しました。豊かなドイツが財源を負担してイタリアなど医療崩壊した国を支援しました。しかし、今回は相当難航するでしょう。感染第二波は景気の二番底を意味します。株価が下がるのも当然でしょうね。
イタリアも同様で、急速な拡大によりレストランの営業等も規制され、現地のリゾートでシェフとして活躍していた友人の息子さんも、やむなく日本に帰国しました。夏以降は客足も戻り、お店も繁盛していたそうなのですが。。。