新着Pick
310Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
TOHOシネマズはソーシャルディスタンスの席配置をやめてからスクリーン内へ食べ物を持ち込むことができなくなってしまいました。付き添いで映画に行く場合はポップコーンが楽しみだったりするので、早く元に戻ってほしいです。
鬼滅の刃が大ヒットすることで映画館に人が多く訪れて、ポップコーンも売れるんだろうなと思いましたが、そういう事情があったのですね。。

確かに食事をするときはマスクを外さなければいけませしんね。辛いですね。
館内では禁止でもお持ち帰りとかできたら良いのかなとも思いましたが、映画を観ながら食べるのが楽しみでもありますしね。。

同じく本日出ていた下記記事も詳しく書かれていますので、ご参考まで。
【劇場版『鬼滅の刃』が興収100億円超え!でも映画館の経営がヤバい理由】
https://newspicks.com/news/5340674
これは可哀想!!でもムシャムシャたべたら飛沫が…と考えるのもわかります。ポップコーンは素手で食べるので手が口に触れてその手が座席の肘掛けについて…。ポップコーンに替わる何か手が口につかない映画館メニューとなると…あ、チュロスとかどうでしょう?紙に包めるし!

鬼滅の大ヒットが皮肉な結果にならぬよう祈るばかりです。。
映画の鑑賞と食事を別で楽しむ映画館のスタイル作りも必要かも。鑑賞前後に食事をして、余裕を持って鑑賞を楽しむ的な。
食事は劇場内に持ち込むスタイルではなくなるので、従来のファストフード的なものから手の込んだ料理まで幅を広げることができる。そのため、映画鑑賞と食事のダブルの目的で来館することも考えられるのではないか。
料理を提供するためのコスト、食事の際の感染防止のためのコストもかかってくると思うが、現在の飲食販売のように利益率を高められるようにすると、全席解禁をすることによる来館者数増加との相乗効果も期待できる。もちろんマスクを外す必要もないので、感染のリスクを抑えられることも考えられる。
観てきましたが、映画館は空いていたし、売店で買っている人を見かけなかった。
椅子以外には接触しないで帰ってきたような気がします。
確かに見ながら食べるはコロナと逆行してますか。
マスクしてれば食べられないですもんね。
高い不味いと、なきゃないで全く問題ない。時代は変わったのです。

>都合のいい夢を見ていたいって人間の欲求は凄まじいのにな 厭夢
松竹株式会社(しょうちく)は、日本の映画、演劇の制作、興行、配給を手掛ける会社。歌舞伎の興行については現在ほぼ独占的に手がけている。創業は1895年で設立は1920年11月8日(帝国活動写真株式会社の設立日)である。 ウィキペディア
時価総額
1,815 億円

業績

東宝株式会社(とうほう)は、映画・演劇の製作配給・興行や不動産業を行う日本の企業。 ウィキペディア
時価総額
9,921 億円

業績