新着Pick
468Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワイモバイルの「シンプル20」は通話無料(10分以内)が、UQからは通話はオプションとなりますが「スマホプランV」が提供。
 
正直20GBあれば、よほど動画を視聴し続けたりしない限りは十二分な容量です。なので消費者にとってはありがたい限りです。
 
一方でワイモバイルもUQもキャリアの傘下であるサブブランドとなったから実現出来ているのも事実です。なのでMVNOとサブブランドの差は広がる一方です。

MVNOの普及と事業者間での競争を狙っている菅政権とキャリアの、噛み合わないやり取りはまだまだ続きそうですね、、、
自分で調べず、自分で行動しない、一般的な面倒臭がりの日本人は、サブブランドに安いプランがあっても大半は移行しないので、3大キャリアとしては、総務省や菅総理の顔を立てつつ、実害が少ない対応策と言えます。毎回繰り返される、このやっている感の演出はいつまで続くのでしょうね。

下記、総務省の資料からの抜粋ですが、サブブランドを含めた比較なので、顔はたてられます。

抜粋】
○ シェア上位3又は4事業者(サブブランドを含む)が提供する料金プランのうち、最も
安いポストペイド型の一般利用者向けのもの(新規契約の場合)について、通話時間・
データ通信量等の利用モデル(※)に係る月々の支払額を比較。
(※)日本の利用実態を基にしたモデル(通話は月65分、メールは月108通、データ通信量は月2GB/月5GB/月20GB)で比較。
○ 東京の支払額は、2GB、5GBでは中位の水準、20GBでは高い水準となっている。

データ容量月2GB
(税込 単位:円)
データ容量月5GB
(税込 単位:円)
データ容量月20GB
料金値下げ圧力に対して、格安子会社で対応されるのは、とても上手にかわされた印象です。実質、業績に影響はほとんどないのではないでしょうか。

この対応が厳しいのはドコモですよね。格安子会社ないですし。
日本も、もっとWiFiのカバー率を上げれば、このような不毛な議論から脱出できるのではないでしょうか?

シリコンバレーで勤務していた時には、たいてい、どこでもWiFiがあるので、データ通信量を気にしたことがありませんでしたが…

日本だと、Yahoo!Mobileの6GBプランを使い切ってしまいます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
光回線の割引きなどいろんな縛りがあるので、本体の方で値下げしてほしいんですが、きっとダメなんでしょうね。
サブブランドに移ればいいだけの話です。メールがどうだのって文句言うってことはそこまで高いと思っていない証拠。電波は国民のものでも通信インフラがなければ使えない。その通信インフラには巨額の設備投資が必要。投資=リスクなので相応のリターンはあって然るべき。

昔ドコモに自社株買いして、長期で使い続けた契約者に株を割り当ててはどうかと提案したが、うーんって唸ってから無理って言われた。
「ソフトバンクとKDDIは28日、傘下格安携帯電話会社の各ブランドで、低廉料金と位置づける新プランをそろって発表した。ともにデータ容量は20ギガバイトで、KDDIは「UQモバイル」から月3980円、ソフトバンクは「ワイモバイル」から月4480円の料金をそれぞれ始める。」
20GBだと大分ありがたいですね。オンラインミーティングが増えてデータ量はめっちゃ増えてるんじゃないでしょう?
UQモバイルとワイモバイルの話。
サブブランドのことなら見出しにそう書くべき。結局はメインブランドではボッタくりを続けるということの証。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.05 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
15.2 兆円

業績