新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日、Jamesがダイレクトリスティングについて記事を出したところ様々なコメントをいただきました。それを紹介する捕捉的な記事をまとめています。
個人的には、ダイレクトリスティングは、市場における例外的な手段であり、特に意識して増やそうとする必要はないかなと思っています。できても良いけど、別にわざわざするメリットそんなにないよね?と。

それにしても前回の記事にいただいた意見を見ていてもこのトピックは難しいですね。。プライマリ、セカンダリの目線や構造の違い、それぞれのポジショントーク、証券市場そのものの課題、実際に公募価格が決定するプロセスや力学をわかってるのかいないのか、などなど。USがーと思考停止するのではなく、日本の市場にあったやり方で、少しずつ変えていくしかないのだろうと思います。
大きな資金調達が必要ないならば日本でも実現は時間の問題でしょう。すでに実例があるのは知りませんでした!
"1999年に杏林製薬によっておそらく日本初のダイレクトリスティングによる上場が行われました"
日本でダイレクトリスティングって聞くと小型IPO株にお祭りのように群がるマルチプル度外視の個人投資家相手にVCが売り抜けたいって言っているだけのように聞こえる。

VCは売り抜ければ後は野となれ山となれなんだろうけど、創業者や経営陣は上場は長く続くマラソンのスタート地点に過ぎないことを再認識した方がいい。IPOは株主構成を経営陣が左右出来る最後のチャンスでもあるからね。上場ゴールでないんなら、VC以外にとってはそこでの20-30%なんてどうでもいい話かと。