新着Pick
563Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2050年を目処に、50%をEV中心の新エネ車、50%がハイブリッド。

ハイブリッドだと単純にトヨタ系有利だと思われがちですが、たしかにそうした側面もありますが、既に特許は開放し、技術供与も始まっています。HV基幹部品も、一部は中国製に質・価格ともに国内部品メーカーは勝てないところも出てきています。

トヨタが広州汽車にHVユニット供給 (1) 特許公開でも中国企業では生産不能?
2020年10月22日
https://www.zaikei.co.jp/article/20201022/590379.html

トヨタが広州汽車にHVユニット供給 (2) 今は「トヨタ式HVシステム」が最適
2020年10月23日
https://www.zaikei.co.jp/article/20201023/590380.html

HV特許を無償提供するトヨタの真意 そして電動化への誤解
TOYOTA NEWS 2019.04.22
https://toyotatimes.jp/insidetoyota/018.html
これまでは全米で最大市場のカリフォルニア州の環境規制が自動車業界の環境技術ロードマップを決めていたと思いますが、いよいよ中国がロードマップの主導権を握ろうとしている気がします。

ちなみに、中国が2035年までに新車販売を全て環境車にするというのは、先月カリフォルニア州知事が発表した2035年までに排気ガスを出さない「ゼロエミッション車」とする命令とほぼ同じ。

あと15年でガソリンエンジン販売がなくなるというのは既存自動車メーカーにとってはとてつもない大変革。それまでに定年を迎える自動車メーカーの経営陣が自分の時代には関係ないとして変化に本気で向かいあわなければその会社に未来はないでしょう。
https://www.gov.ca.gov/2020/09/23/governor-newsom-announces-california-will-phase-out-gasoline-powered-cars-drastically-reduce-demand-for-fossil-fuel-in-californias-fight-against-climate-change/
2019年中国の自動車販売量は世界最多の2570万台、EVを中心とした新エネルギー車は120万台、5%未満。これを15年間で50%以上に上げる。非常に厳しい目標ではあるが、中国の国家戦略としては必達。

これから国家戦略を基にEVやHV関連の政策、国家標準、業界標準が作成されるフェーズに入るため、ロビー活動が下手な日系メーカーは乗り遅れないようにご注意を。
標準や政策にある文言一つで中国で販売できなくなることもあるから。
あくまで「検討」。ただ2035年という時間軸と現実論を考えると、最近のHVやFCVでのトヨタと関係性が近づいてきていることの背景だと思う。一方で、全体が全てトヨタになるはずもなく、他メーカーがどういう形でそれを作れるようになるか(=トヨタの技術が他社にどういう合意・経路等で広がるか)、そしてそれの中国から始まり世界への競争にどう影響するか。サプライヤー含めての話になる。
今から15年前は2005年、当時の年間生産台数は600万台弱で保有台数も約3000万台。2019年では年間生産台数は約2600万台、保有台数は約2.5億台になっている。15年後にこの巨大市場がどうなっているか?

下記のHV技術供給でのコメントのほぼ転載だが、トヨタと中国の最近の環境車などを巡る動き。

2020年10月:中国のJV先の一つである広州汽車にHV技術供給という報道
https://newspicks.com/news/5307465

2020年5月:2024-25年にHVシステムの外販契約受注しそうという発言がけさん説明会ででた
https://newspicks.com/news/4896855

6月にHVも環境車優遇対象になるという報道がでた
https://newspicks.com/news/5009666
https://newspicks.com/news/5026403

また、中国でFCVについても研究開発合弁を5社と中国で作るという発表
https://newspicks.com/news/4973712

7月に中国製の電磁鋼板を利用するという報道。モーターのコアに使われるのでFCV/EVのキー素材で、使う=使われることで技術レベルが上がっていく。色々なネゴがあっての流れだろう
https://newspicks.com/news/5065388
ナンバープレート制限の特例や燃費の良さからのDiDiなどのtoB利用など、すでに中国でのEV普及率はかなり高い。その足元の状況から出来るとの判断だと思われる。

環境問題での内外の圧力、産業的にも中国プレイヤーがEVなら世界で勝てる可能性が高いので、そのマザーマーケットとしての整備の両方を見据えた打ち手。
これかしら.....読めないよう...誰か教えて....
《节能与新能源汽车技术路线图2.0》正式发布
http://www.miit.gov.cn/n1146290/n1146402/n1146440/c8136834/content.html
これは野心的な計画。日本も思い切った政策を取らないとEV革命とも合わさって、自動車産業壊滅のリスクも出てくる


中国政府は2035年をめどに新車販売のすべてを環境対応車にする方向で検討する。50%をEVを柱とする新エネルギー車とし、残りの50%を占めるガソリン車はすべてハイブリッド車(HV)にする。
マイルドハイブリッドもOKなら、ニュースとして取り上げるほどでも無い話。

そもそも環境の為では無いのだから。

こんなんで騒ぐのがアホらしい。
アフターコロナはEVや燃料電池など一気にグリーンに向け加速しそうですね。日本は311地震の後に原発に固執したツケが回って来ます。日本の重電と自動車産業がこの分野で出遅れたら、デジタル化に遅れて凋落した電機産業と同じ轍を踏む可能性が高いと思います。
HVがOKであれば各メーカーそれほど苦戦はしないのではないではないでしょうか。最近は欧州車ではマイルドハイブリッドが増えており、これがOKであれば問題なさそう。それよりも、車の価格が上がってしまうことの方が消費への影響が出そうで気になる所。