新着Pick
218Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
利用者の観点では、引っ越しの煩雑な手続きが削減できるメリットは大きいです。理想的には、企業の利益に誘導される仕組みではなく、わかりやすい操作で各自に最適なガスや電気が選べる仕組みになることを願います。
住友商事とビットフライヤーブロックチェーンが手がける不動産賃貸契約の電子化プロジェクトに、三井住友海上火災保険や東京ガスなど25社が加わるのだそう。
「物件の申し込みから、電力やガスなど生活インフラの契約までをスマートフォン上で完結できるサービスを2021年春に始める」
これは便利ですね。wifiなど通信環境の契約もできるといいですね。
賃貸借契約の電子化という文脈でいうと、昨年、積水が似たような取組みを行っていましたかどうなったのでしょうか??

https://www.sekisuihouse.co.jp/company/sustainable/social/valuechain/activity5/act_8/
これはめちゃくちゃ便利。契約にかかるコストも大幅に削減できそうですね。
どうやらスマートコントラクトには独自のエンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi」を利用するようです。
この分野も料金の仕組みが複雑で、何処がどうなるとメリットがあるのか分かりづらい。25社が淘汰される頃にはシンプルになる?
期待。複数業界が絡むため、ブロックチェーンを使う必然性も比較的ありそうです。こうした「ワンスオンリー」の発想は最もユーザ利便性を上げやすい
これ最高じゃん。