新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
反対派84%、溜息の出る数字ですね。大学に聞くとそうなるのは理解できますが、それ自体も問題ですね。

フランスのバカロレアなど、海外で当たり前に行われている記述評価の研究や国内大学の記述式採点の今までの実績も踏まえ、公開議論をもっとすべき問題ではないでしょうか?十分なメリットデメリットの議論なく、密室で方針がどんどん変わってしまうのは高校生にとって本当に気の毒だと思います。

また文科省も本気で新指導要領で探究、考える力や協働する力を学力として周知していくのであれば、記述式も含め、思考力や一発テストでない方法で生徒が大学に学力を示せる方法を整備しなくてはいけないですね。ちなみに総合型選抜が増えてきているとはいえまだ私立の入学者の11.4%国立の2.8%という数なので、一般入試での記述式導入というのは大きなテーマだと改めて理解しました。

https://www.mext.go.jp/content/20200207-mxt_daigakuc02-000004565_17.pdf
なぜ反対なのかを聞かないと意味がない数字です。

それに反対が多いからと言って受験改革進めなかった結果が今の日本の教育です。それで良いと私は思いません。

個人的には採点可能な教科・単元では、記述式の方が思考力・判断力・表現力が養われるわけで、推奨されてしかるべきと考えています。
しかしながら、本来は共通試験ではなく、個別の大学の入試で本質的な力を評価する入試をやれば良いのじゃないかという話でもあって、共通試験でやらないなら個別の大学試験の問題を変えることがセットなはずです。
なぜ記述式にこだわったのか。それは当初の構想では2次試験で個別学力試験は行わず、共通テスト+小論文や高校時代の実績等による多面的評価を導入しようとしたためです。ですから共通テストで二次試験の代わりも担うことを前提としての記述式だったわけです。

結局、各大学がこれまで通りに二次試験を実施するので、共通テストに記述式を入れる必然性は既に失われています。

ただ、そうして入試改革の構想を全て潰した結果、昨年度と今年度の入試要項を見比べても「センター試験」の文字が「共通テスト」に変わっただけで、一切変化のない国立大学が大半になっています。

世の中がこれだけ変化している中で、教育の世界だけ必死に変わらないことにこだわり、世論もそれを支持している。面白いものだなと思います。
共通テストの位置付けをはっきりさせればいいだけ。全国統一のテストという意味合いから、基本的には採点の手間とかバラつきを抑えることを考えた試験であればいいはず。

共通テストは国立にとっては受験者数をある程度絞る意味での足切りみたいなものだと思えば高度な試験にする必要もない。
これをメインのテストにシフトしていきたい私立大学があるなら、テストの内容で測れる尺度の学生しか来ないと割り切るべきで、そうでないなら独自に試験をすれば良い。
採点の公平さが担保されないという反対意見が考えられますが、公平さって何でしょうか?記述式の導入は出題方法と採点基準の問題です。

読解力や人が読める文章を書く力に疑問がある状況なので、題意を捉えて人が読める文章を書けるか否かにのみ注目した記述問題でも十分です。

また、合否判定に当たって共通テスト以外にも書き物を要求すれば、入試全体として学生の質を担保することはできます。

どんな学生を入学させるために何を評価するべきかがないから、公平っぽいものに囚われているだけのように見えます。
旧大学入試センター試験で作問委員をしていました。この組織と試験の作成のされ方をよく知らずに批判するコメントが散見されますが、あきれるほどの慎重さと精度で作られていました。部会(科目)にもよりますが、専門家たちが1年かけて作問と議論を繰り返して1年度分の試験を完成させますが、朝から晩まで缶詰になり、文字通り身を削る真剣な議論を行なって完成度を高めているのです。正直もう二度とやりたくないほどの緻密な作業です。日常の大学業務をしながら毎月1週間出張し、周囲に秘匿義務があるので誰にも理解されずに日常生活は確実に蝕まれていきます。ですから同期の方々とは「戦友」になり、今でも友情が続いています。

とはいえ、時間をかけたからといって良質な問題が作成できるわけではありません。しかし何重にもわたる精密なチェック体制(高校の教員経験者の部会、作問経験者の部会など)があるので、穴埋め式と言ってしまうには精度の高い、きちんと勉強をした受験生の基礎学力をかなり正確にとらえる試験になります。かつては勉強をしなくても公民などは解答できる問題があったのは一部事実ですが、今はそのようなラッキー問題はほぼ皆無です。作問委員たちは、受験生にとっては一生が決まる大切な試験だからとよく口にし、心が折れそうな作業に気を引き締めながら真剣に向き合っていました。

言いたいことは、これほどの精度で記述式試験を作ろうとしていましたか?ということです。穴埋めより記述式の方が受験生の能力を測れるだろう、暗記に頼らず考える力をつけさせようと、「なんとなく印象で」考えたのではないですか。しかし基礎的な知識なく、本当に大学の中で創造性豊かな学びができると思いますか。歴史を知らず、社会の最低限の仕組みも知らず、複雑な社会問題などどうやって議論できるというのでしょう。記述式は二次試験で各大学が行っています。入試方式も私大は非常にバリエーションがあり、個性に合った方式が選べますので、従来の受験勉強が少し苦手でも切り捨てられません。
だいたい「身の丈に合った試験を受けろ」というような発言をするような大臣では、教育の役割や重要性を理解しているとは思えませんので、話は大学入学センター試験以上に良いシステムを、記述式で構築・精査してからだ、と私は思うのです。
記述式だと、
・採点能力に幅が出るから
・採点に工数がかかるから
・教育方法を変えるのが大変だから

?どれでしょうか?
その「共通」テスト(かつての共通一次やセンターも)ってそもそも必要なの?って気がしてしまう。
記述式は二次試験でお願いします。二次なら、小論文とかでもいいと思います。
大学入試改革に関連した大規模な文科省調査は初めてだそう。
昨年導入が中止となった「記述式」と「英語民間検定試験」。現場の方々はまだまだ戸惑いがあるようです。
関連記事一覧
男性育休、7割が「義務化反対」 中小、人手不足で負担感
共同通信
219Picks

全国高校「国公立100大学合格力」ランキング・ベスト10!3位東大寺、2位灘、1位は?【2021年入試版】 - 中学受験への道
Diamond Online
7Picks

緊急事態下での「9月入学制度」の導入には「反対」です!:「学びをとめないこと」に焦点をしぼって、やり切ることの大切さ
立教大学 経営学部 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する | NAKAHARA-LAB.net
7Picks

【中学受験】 大学付属校こそ 教育改革の 目指すべき姿? - 中学受験 大学付属校 合格バイブル
Diamond Online
6Picks

「身内にやさしく、よそ者に厳しい」世界中でグローバル化の反対運動が起きる根本原因 - それは「人間の本能」でもあるが
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
5Picks

世界大学ランキング 東大は36位 中国 清華大学がアジアトップ
NHKニュース
4Picks

「反対が県民の意志」
日本経済新聞
3Picks

ニューヨーカーの半数、クオモ知事辞任に反対 世論調査
The Wall Street Journal
3Picks

最新アンケート「世帯年収300万円台の過半数は幸せだ」 - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
3Picks

中学受験 大学付属校には こんな子が向いている - 中学受験 大学付属校 合格バイブル
Diamond Online
3Picks