[東京 27日 ロイター] - 富士通<6702.T>の磯部武司CFO(最高財務責任者)は27日の決算会見で、東京証券取引所で発生したシステム障害を巡り、社内処分や経営責任について決定していることないと述べた。

その上で、再発防止策では広く顧客の再点検を優先しているとした。