新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランプは、共和党がとって当然のノースキャロライナ、ジョージア、フロリダ、アリゾナ、テキサスのいずれかを落とすと、勝利はありません。
 トランプは30%ちょいの岩盤支持層に支えられているので、投票率が65%を超えると、伸び代がありません。70%超えると当選に35%が必要となるので自ずとバイデン 勝利になります。
期日前投票(郵便投票含む)は選挙ごとに増える傾向にありましたが、今年大きく増えているのは間違いなくコロナウイルスの影響でしょう。アメリカの各種調査によると、29歳までの若者、黒人有権者の期日前投票が増えているとの分析です。郵便投票はいつの消印を有効とするか、いつまでの到着分を有効とするかは州によって違いがあり、郵便投票の不正を主張するトランプ氏による訴訟のリスクと相まって、ドラマは11月3日の投開票日ではなく、それ以降に起きる異例の選挙戦になりそうです。
新型コロナウィルス関係で、人出の多くなる11月3日の投票日を避けたい人が多い、というのもありますが、民主党側が、期日前投票を、それもできるだけに早めにすることを推し進めています。
 期日前投票だけ見ると、バイデン候補の得票の方が圧倒的に多いでしょう。新型コロナウィルスを警戒する人にしても、民主党支持者が多いと思われます。
 前回2016年の大統領選挙でも、期日前投票ではヒラリー・クリントン候補が大きくリードしていて、投票日当日に覆された、という州が多かったです。今回も、今のところではまだ何ともいえないです。
 前回2016年には、31万8千票の郵便票が無効票になったそうで、今回はさらに増えることから、場合によって、郵便票の有効無効の判断如何で、結果が左右される州もあるかもしれません。
https://www.bbc.com/japanese/video-54700812
実は2016年の水準を上回っていない州が民主党の牙城で多い。ニューヨーク州は今年初めて期日前投票をやっている。
↓ 以下の地図を見ると、激戦州では期日前投票が2016年を上回っているが、そうでない州、特に民主党の州で増えていない。これがどう影響してくるのか。
そして、当日対面投票をするという有権者はトランプ派がバイデン派よりも5割増しで多い。
https://apnews.com/article/election-2020-donald-trump-politics-florida-elections-509ad83f6d40e08fb715da44548f62e0
日本では反トランプ系メディアの情報しか入ってこないのでバイデン有利と思ってしまうが、実のところ現在はどちらが優勢なんだろう。前回の時もそうだったし。投票率が高いのもどっちに転ぶのか、意外な結果になるかもしれませんね。
ということはバイデンさんに有利ってことなのか?
郵便投票は不正だとして裁判やるんだろうけど、その気もなくすくらいの大敗になる可能性もあるのかな?
トランプ氏もバイデン氏も、どちらも…だと感じているアメリカ人もかなりいると思われるのに、この投票率の高さは、ある意味、アメリカはやはり民主主義国家なのだと痛感します。

子供の頃から自分の意見を持ち主張することを教育される国は、やはり違うのですね。
トランプが敗戦してアメリカも世界も少しは秩序が戻ってくればいいが。
有権者の65%とは、これまた。まずは一週間後どんな結果が出るのか。郵便投票の正統性など揉めることは必至ですな。
日本でもこれだけの関心事になっているのですから、アメリカではもっとすごいことになっているのだと思います。それだけ国民を投票に『巻き込んでいる』トランプ大統領のパワーは凄いですね。BLMやカトリック教徒など、政治を使って国民をどんどん巻き込んでいる。政治参加という意味では日本も見習うべきところがあるのかもしれません。