新着Pick
529Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アント・グループの上海・香港同時上場がいよいよ近づいてきました。

今回の上場で調達した巨額の資金の使い道については、上海市場で調達した資金は「国内業務の多角化」に、香港市場で調達した資金は「海外展開」に使われるのではないかと予測しています。

国内市場の競争は激化してきており成長余地が徐々に縮小していますし、デジタル人民元の運用開始も現実味を帯びてきており、今後金融分野においては規制が強化され、アントの優位性が下がるかもしれません。

国内フィンテック市場が飽和へと向かう一方で、世界に目を向けると広大な未開拓市場が拡がっています。

データセキュリティの問題があり、金融が比較的進んでいる先進国では参入余地は限定的であると思いますが、金融インフラが十分に整っていない新興国ではアントが中国国内で積んだノウハウが十分に生かせるはずです。

今後のアントのグローバル化戦略は、金融の発展が遅れており規制が比較的少ない新興市場を対象にした、「ノウハウの輸出+戦略投資」という提携モデルが中心になるとみています。

以下の拙稿もご参考ください。

『アリババ傘下アント、上場資金3.7兆円で「世界展開」へ』
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00109/00024/
時価総額は32兆円で公募価格決定の模様。
調達額は3.6兆円で、アリババ創業者でアントの議決権の5割強を握る馬雲(ジャック・マー)氏は「調達額は人類史上最大の規模になる」と述べたと。
調達額をアラムコ以上にして人類史上最大にすること、にも一定の拘りがあったような気もしますが。
いずれにしても、アリババ85兆円、アント32兆円、Amazon160兆円、という規模比較感は、乱暴に言えばまだアントにもアップサイドがあるようにも思えます。(アリババ、アントはいずれも中国外でもビジネスしているが依然として中国内が主要なビジネス領域)
アントグループのAlipayは年間アクティブユーザー数10億人。月間アクティブユーザー数は7.11億人、月間アクティブマーチャント数は8,000万件という中国の人たちにとって欠かせない存在になっています。

アラムコのように化石燃料に依存したビジネスではなく、デジタルという地球に優しい手段で金融サービスを変革しています。将来の成長性も高い。

3.6兆円の調達になるというのは、当然のことでしょう。
民間資本であるが、上海と香港で同時上場によってもっと成長していく。
デジタル人民元が出てきても、民間の金融として成長し続ける。
中国のインターネット関連企業は、金盾(グレイトファイアウォール)に守られて、グローバルなネットサービスとの競争から守られている。
FacebookもGoogleもAmazonも中国市場からは、締め出され、そこで、14億人という巨大な内需を背景に、中国ネット企業は成長する。

しかし、BATと呼ばれる、バイドゥ(百度などの検索サービス)、アリババ、テンセント(WeChatなど)が強すぎて、中国のインターネットスタートアップ企業は、このどれかの傘下に入ることを意識しつつ成長するのは、Silicon Valleyっぽいところでもある。
調達金額3.6兆円。凄まじい金額。未上場ではビジョンファンドを除いては、全く実現不可能な金額(それも今となっては難しい)。この規模感の調達ができるところが資本市場の懐の深さ。

IPO調達額(=オファリングサイズ)で史上1位の金額になる。過去Top5のうち、4社が中国企業。GMの再上場を除くと、まさに時代の流れであるが、字形0つにはテレコム、石油、金融、インターネット、EC/決済と大型オファリングの系譜が脈々と続く。

日本はテレコムまでは世界で競争力を有しかけたが、それ以降の事業は全て負けている。これはあくまでもオファリングサイズでみただけの切り口であるが、長期・グローバルの視点では考えざるを得ない。

////////////////////////////////////
https://fund.applie.net
西村友作先生がおっしゃる「ノウハウの輸出+戦略投資」は正に、アジアで着々と進んでいます。一例として、アントフィナンシャルはシンガポールのデジタルバンキングのフルライセンスを申請しました。〆切の昨年末までに21社(複数社によるコンソーシアムは1とカウント)が申請をし、コロナの影響で審査が遅れましたが、6月に14社がショートリストに残り、次の審査に進むことが発表されました。ただ、14社の名前は全てあきらかにはなっていません。

参考報道
アントフィナンシャルによるライセンス申請
https://www.straitstimes.com/business/banking/ant-financial-applies-for-singapore-digital-banking-license

上記の記事の最後には中国本土以外の展開について、一部ですが触れています。

"Other moves to expand outside the mainland include a project to use blockchain technology to enable cross-border remittances between Hong Kong and the Philippines. The company has invested in at least eight digital wallet operators outside China, including Paytm in India and Dana in Indonesia."

ショートリストについての報道
https://www.reuters.com/article/singapore-banks-idUSL4N2DV0DB

報道から拾い集めたブログで検証が必要な部分もありますが申請をした21社のリスト。申請を正式に公表していない企業もあるため、臆測報道等も含まれます。
https://www.regulationasia.com/updated-fifteen-known-applicants-for-singapore-digital-bank-licences/
世界一がどんどん中国から出るようになりましたね。
これからも中国から多くの大企業が生まれてくると思います。
それにしても凄い金額です。
韓国のアイドルグループの時のように、釣り上げておいて売り逃げをする輩が出てくるかもしれません。

上場後の株価の動きに注目したいです。
中国留学中にはアリペイにお世話になりました。支払いだけではなく、シェアバイクの鍵を開けられたりなど、とても万能です。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績