新着Pick

「上司は28歳」リクルートの最年長社員63歳が"卒業"を選ばないワケ

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載ルポ「最年長社員」の最新回です。退社を「卒業」といいかえる文化を考えるうえで、参考になる記事だと思います。最後のここまでに至る本文が読み所です。
###
2017年春、定年退職を迎えた隈本は、嘱託社員として、リクルートに残り、働き続ける道を選ぶ。

いまや、同僚のほとんどが、隈本がリクルートに入社したあとに生まれた若者たちだ。1980年から2020年まで。いや、通信自由化からAIまで……。隈本の口調には最後まで気負いがない。

「人も入れ替われば、自分が手がける事業も変わる。時代や社会の変化とともに社内の雰囲気や、組織のあり方、人間関係も変わっていく。リクルートのビジネスそのものが、時代の変化ともにどんどん刷新されてきたわけでしょう。私の場合は、ひとつに執着せず、変化を楽しめたから、いまも仕事を続けられるのかもしれませんね」
どの年代になっても、常に変化を楽しみながらそれに柔軟に対応できる人材であるということが、その人その人の強みとなりますよね。まさにダイバーシティで、色々な年代の方の声、意見、考え方、視点が混じり合うとこれまで見えなかったイノベーションがうまれます。
経験によって培われた知見は、何物にも変えられない貴重なノウハウであり、更にその知見にプラスして、今の変化に対応できる人材というのは、非常に強みとなると思います。
日本は年功序列をそろそろやめないと人口構成を見ても無理がきます。人口ピラミッドが逆三角形なのに正三角形の年功序列は保てないでしょう。
「そうは言っても文化的に」という声が聞こえてきそうですがやらないと働き口が減り国も衰退します。年齢制限を外してベストメンバーを集めるべきでしょう。
見習うべし。

【抜粋】
「誰にでも腹を割って話してくれるから、こちらも相談しやすい。偉ぶったりせずに、世代にこだわらず常に同じ目線で話し合う『作戦会議』のような雰囲気をつくってくれるんです」
正規軍ばかりでは、対応が難しいことも、どんどんでてきます。

そういった意味で、非正規軍としての価値を発揮できればと思うこの頃です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
個人的に「マイ・インターン」という映画が好きで、イメージを重ねて読みました。他の方には出せない価値をたくさんお持ちなんだろうなと感じます。働く期間が長くなっていく中、様々な変化を職場の外に求める人も増えていると思いますが、一方、リクルートのような変化に触れることができる環境では、職場の中で変化を楽しむという働き方もある。100年時代の一つのベンチマークになるような働き方ですね。
謙虚でいること、新しいものを吸収すること、フラットな目線…大切なことで溢れています。歳を重ねると、こういうことが薄れている自分にたまに気づきます。

・自分におごりがないか?
・新しいことに挑戦できているか?
・自分視点だけで物事を見ていないか?

定期的に検証することが必要と感じます。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
7.67 兆円

業績