新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカやヨーロッパの人数と比べると少なく見える。
中国でも大きな再流行になっていないことから気候的な要因だろうか?
それとも文化的、政策的な要因だろうか?

どちらの文化が優れているみたいな主張にならないよう注意が必要だが、
ここまで差があると要因をしっかり見極め対策に役立てていくべきだろう。
何万人も回復しているし、累積の数字は増える一方なので意味なし。過去累積のインフルエンザ患者数とか数えてみたらどうでしょうか。
日々の感染者数同様、どう認識すべき数値なのか、、

日本全体の3分の1が東京…そう考えると多い。

ただ、うがい手洗い、マスク着用が無意識となり、体調を全く崩さなくなりましたね。それはそれで異常なのかも。
昨日のNP特集にあったようにネアンデルタール人に起因するファクターXを本気で信じたくなる。東アジア人には何かがあるとしか思えないほど、第二波が来ないですね
他国の感染者数がぶっ飛んでるので、累計でこんなもんかと思ってしまいますね。
欧米での感染再拡大をどう考えるかだね。
対岸の火事だと考えるバカもいる一方で、自粛を前提としてビジネスを着々と構築する奴もいる。
東京オリンピックが開催されるという前提でビジネスを進める?
どちらが勝つか自明だと思うけどね。