新着Pick

資生堂、銀座の「スゴい旗艦店」が担う重大使命

東洋経済オンライン
パネルの前に立ち、「色校正プレート」と呼ばれるシートを持って、自分の顔写真を撮る。すると、「ファンデーションバー」というコーナーで30色のファンデーションの中から最適な3色が提示され、客が試すことがで…
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国でNPSが高い企業の特徴はD2Cでリアル店舗をもっていること。店舗の役割をどのように定義するか、そこにいる店舗スタッフの役割は何かが問われています。
面白いのは化粧品メーカーがそれだけにとどまらず、どう売るか、スマートミラーみたいなものを販売店に設置して、単にメイクしてくれるだけでなく、時間が無い消費者向けにデジタルでの体験なども提供していくことを考えていることだなあ。
化粧品は肌に合うかどうかも重要だろうから、デジタルだけではやりきれないところはあるんだろうけども。
株式会社資生堂(しせいどう、英語:Shiseido Company, Limited)は、化粧品の製造・販売を主な事業とする日本の企業である。化粧品の国内シェア第1位であり、世界シェアでは第5位となっている。 ウィキペディア
時価総額
3.17 兆円

業績