新着Pick
305Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2016年の国民投票から、ずっとくすぶり続けているBrexit問題。10月も「期限内の合意」に至らず、先行きが不透明視されています。

交渉期限は年末ですが、それまでに合意に至らない場合、何が起きるのか。このような事態を招いた構造的要因とともに、北海道大学の遠藤乾教授に解説いただきました。

改めて本稿を読むと、一筋縄ではいかないボリス・ジョンソン首相の性質が浮かび上がってきます。現実と虚構が融合した物言い、過剰なまでの楽天主義と敵愾心・・ジョンソン首相を選んだのも民意なのですが、こうしたリーダーを持つイギリス国民の心中が気になりました。
今やロンドンの街中では生粋の英国人を探すのが難しいくらい各国の人々で溢れている。そのような状況を目の当たりにすると、少なくともロンドンはEUの一部なのだと思い知らされるし、恐らくは英国の若い世代なども自分たちが欧州人であるという認識なのだろう。それをわざわざ欧州から切り離したのだから、当面は自分たちのアイデンティティの確立に時間を費やないといけなくなる。英国のEU離脱を他山の石とするならば、国民投票というのはよほど慎重に行わないといけないということだろう。
書きました。ご関心の向きはご一読ください。
連合と離反を繰り返しながら、歴史がきざまれていきます。離脱の痛みを実感すれば、ふたたび傘に入りたくなるでしょう。
これですね。国民投票を行えば日本でも起きそうな事案。「というのも、そのことが意味するのは、多数を占めた民意を議会立法に落とせないという状態が続くことだったからである」
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。